焼き梅干しダイエットレシピ⑦【アサリと豆腐の焼き梅干しスープ】血中脂肪減らしにおすすめ

解説カラダネ編集部

梅干しはダイエットに役立つ成分「バニリン」が豊富。
実際、梅干しを頻繁に食べている人は、食べていない人よりも細身の体型であることがわかっています。焼き梅干しがすすめられるのは、バニリンは焼くことで増えることがわかっているため。

焼き梅干しは、梅干しを焼くだけですが、電子レンジでも簡単に作れるので、
下の関連記事からご覧ください。このレシピは、スープで火を通すことで、バニリンを増やす働きを得ようというもの。

ここで紹介するスープ、具にお豆腐を使いますが、お豆腐に含まれる大豆サポニンにはコレステロールの吸収を抑えたり、中性脂肪を減らしたりする働きがあるとされ、ダイエットしたい人におすすめです。

スープに入れて梅干しを加熱

●材料(2人分)
梅干し…2個
絹ごし豆腐…1/2丁
アサリ…150g
出し汁…300ml
ミツバ…少々

●作り方
①豆腐は水切りし、アサリは砂抜きをしておく。
②鍋に出し汁と梅干し、を入れて火にかける。梅干しに火が通ることで、焼き梅干しと同じように、ダイエット成分が増える。
③アサリの口が開いたら火からおろし、蓋をして数分おく。
④器に盛りつけ、ミツバをあしらう。

アサリと梅干しがスープにとっても合います。今晩のおかずに作ってみてください。

(料理監修 管理栄養士・清水紀子)

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/©カラダネ

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう