焼き梅干しダイエットレシピ④【カジキマグロの梅だれ焼き】高たんぱく低脂肪の理想のダイエット食

解説カラダネ編集部

梅干しには、脂肪燃焼作用がある「バニリン」という成分が含まれています。
梅干しを加熱して焼き梅干しにすると、バリニンが約1.3倍に増えるうえに、クエン酸と糖分が結合して代謝を活発にする「ムメフラール」という物質もでき、さらなるダイエット効果が期待できます。

焼き梅干しは、梅干しを電子レンジで焼くだけで簡単に作ることができます(今回ご紹介する「カジキマグロの 梅だれ焼き」のレシピでは、カジキマグロに梅肉をからませるさいに梅干しを加熱します)。
作り方は下の関連記事をご覧ください。

カジキマグロは、たんぱく質が豊富で脂質が少ない理想的なダイエット食。
脂肪燃焼作用がある焼き梅干しとは相性がぴったりです。

カジキマグロを梅肉で味付け

◆材料(2人分)
カジキマグロ…2切れ
梅干し…2個
サラダ油…小さじ2
チンゲンサイ…1株
酒…小さじ1(A)
みりん…小さじ1(A)
しょうゆ…小さじ1(A)

作り方
①梅干しは種を取り除いて、粗めにたたく。チンゲンサイは縦に4等分して、サッと塩ゆでにする。
②フライパンを中火にかけて油を引き、カジキマグロを両面に焼き色がつくまで焼く。
③Aと❶の梅肉を加えて、フライパンをゆすりながら全体にからませる。
④水分がほぼなくなったら、火からおろして蓋をして、1分ほどそのまま置く。
⑤器に盛り、チンゲンサイを添える。

カジキマグロがこんがりおいしそうな色になるまでするまで加熱するのがコツ。

(料理監修 管理栄養士・清水紀子)

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/©カラダネ

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう