梅干し博士も16㎏やせた【焼き梅干しダイエット】レンジ加熱で脂肪燃焼成分が増える

解説和歌山県立医科大学准教授
宇都宮洋才

焼き梅干しでダイエットできると話題です。
和歌山医大の准教授、宇都宮先生も16㎏やせてダイエットに成功したとか。

焼き梅干しダイエットのやり方、効果の大きい食べ方などを解説していただきました。

もちろん、梅干しだけ食べれば誰もがやせるわけではありません。適切な食事制限と運動をしたうえで、ダイエットの一助にしてみませんか?

焼き梅干しの作り方と保存法

焼き梅干しの作り方は以下の通り簡単です。
基本は梅干しを加熱するだけで、電子レンジでもガスコンロでも1分で作れます。

電子レンジでの作り方

ゆずのコピー2.jpg梅干し(約100g)を耐熱容器に入れてラップをして加熱する(目安は600Wで1分)。

表面が軽く乾いて、中がホクホクに温まったら完成。電子レンジはメーカーによっても個体によっても加熱時間は微妙に変わるので、最初は10秒ずつ加熱をして様子を見る。





フライパンでの作り方

ゆずのコピー3.jpg
ガスコンロの上でフライパンを弱火で温めたら、油を引かずに梅干しを並べる。焦がさないように転がしながら約1分焼いて中がホクホクに温まったら出来上がり。

焼き梅干しの保存法

梅干しというと保存しやすいイメージですが、加熱すると抗菌力が落ちます。必ず密閉容器に入れて冷蔵庫で保存し、1週間程度で食べきりましょう。

焼き梅干し、実に簡単に作れたと思います。なぜこの焼き梅干しがダイエットに役立つのか、どのようなメカニズムなのか解説していくことにしましょう。

梅干しに期待できる健康効果を検証

私は細胞生物学が専門で、高血圧や糖尿病など生活習慣病の発生メカニズムを研究しています。
1995年に梅の産地である和歌山県に赴任することになり、梅の健康効果について科学的に解明すべく研究を始めました。
というのも、梅干しは「1日1粒で医者いらず」といわれ、健康維持に役立つ食品とされてはいましたが、科学的根拠は証明されていなかったからです

そうした事情から、梅干しの健康効果を科学的に解明すべく、梅の生産者や加工業者、大学の研究者らとともに梅干しの研究をスタートさせたのです。

梅干しを毎日食べた人の7割は、体重が減った!

梅干しには期待できる効果がいくつかありますが、特に私はダイエット効果が大きいと考えています。

昔から「梅を食べると太らない」という言い伝えがありますが、私の研究でもそのことは実証されました。和歌山県紀南地域で女性201人を対象に調査したところ、梅干しを毎日食べている人は食べていない人よりBMI値(肥満度を示す体格指数)が低いとわかりました。
また、別の調査で梅干しを毎日2個ずつ50日間食べてもらった結果、参加者の7割は体重が減少していたのです。

焼き梅干しで痩せる3つの理由

では、なぜ梅干しがダイエットに役立つのでしょうか。実は梅干しには、ダイエットホルモンとも呼ばれる「レプチン」のを促す働きがあるのです。レプチンは、脳の満腹中枢や交感神経(心身の働きを活発にする自律神経)に働きかけて食欲を抑制したり、脂肪の燃焼を促したりします。また、マウスを使った実験では、梅干しが中性脂肪の増加を抑制することも明らかになりました。

それだけではありません。梅干しに豊富なクエン酸には、体内のエネルギー代謝を円滑にして、余分な脂肪が蓄積されるのを防いだり、腸の運動を活発にすることで、便秘を解消したりする働きもあるのです。

さらに私たちは、脂肪燃焼作用のある「バニリン」という成分を発見しました。梅干しを食べるとバニリンが小腸で吸収され、脂肪を蓄えている脂肪細胞を刺激します。その結果、脂肪細胞が燃焼して小さくなるため、ダイエット効果が期待できるのです。

焼き梅干しなら脂肪燃焼成分が増える

そこでみなさんにおすすめしたいのが、「焼き梅干し」です。
実はバニリンは、加熱すると約1.3倍に増えるとわかっています。また、加熱するとクエン酸と糖分が結合し「ムメフラール」という物質ができます。ムメフラールは血流をよくして代謝を活発にするため、ダイエットに役立つのです。

なお、バニリンは熱を加えると増えるので、煮物や炒め物など料理に使うさいに加熱しても、同様の効果が期待できると考えられます。
このように梅干しには、ダイエットに役立つ成分が豊富です。私自身、梅干しの研究を始めて以来、毎日梅干しを1〜2個食べていたところ、4ヵ月で16㎏の減量に成功しました。今も梅干しを毎日食べ、体重を維持しています。梅干しを入れて炊いたご飯(米2合に梅干し1〜2個の割合)がお気に入りです。

いつ食べる?食前に焼き梅干し1個をが目安

梅干しは味が強いので「食べた」という満足感を得やすく、食べすぎ防止にも役立ちます。また、梅干しを食べるために必然的に和食中心の食生活になることも、ダイエットを成功に導く一つの要因ではないでしょうか。焼き梅干しダイエットを行う場合は、食前に1個(健康な人なら1日1〜3個)食べるのをおすすめします。
我々の研究では、梅干しを日常的に食べている人と食べていない人のグループで、血圧に差は見られませんでした。しかし塩分が含まれているので、もちろん食べすぎないことは大切です。

減塩や甘みをつけた梅干しでも、有効成分は変わりません。食べやすい梅干しを選びましょう。まずは小さなパックから購入し、いろいろな味を試して、自分好みのおいしい梅干しを見つけることをおすすめします。
最近では、バニリンの含有量を明記した商品も販売されているので、梅干し選びに迷ったら参考にしてください。

記事にあるセルフケアは安全性に配慮していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して医師にご相談ください。また、効果効能を保証するものではありません。

写真/©カラダネ

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう