焼き梅干しダイエットレシピ③【豚肉とナスの梅うま煮】で脂肪燃焼&むくみ改善!

解説カラダネ編集部

梅干しには、脂肪燃焼作用がある「バニリン」という成分が含まれています。
梅干しを加熱して焼き梅干しにすると、バリニンが約1.3倍に増えるうえに、クエン酸と糖分が結合して代謝を活発にする「ムメフラール」という物質もでき、さらなるダイエット効果が期待できます。

焼き梅干しは、梅干しを電子レンジで焼くだけで簡単に作ることができます(今回ご紹介する「豚肉とナスの梅うま煮」のレシピでは、煮汁を作るさいに梅干しを加熱します)。
作り方は下の関連記事をご覧ください。


ナスに含まれる豊富なカリウムは、水分代謝を促してむくみの解消に役立ちます。
脂肪燃焼作用がある焼き梅干しと一緒に食べることによって、さらにすっきりとした印象になること間違いなし。

ナスに含まれるカリウムでむくみも解消

◆材料(2人分)
豚肩ロースしゃぶしゃぶ肉…160グラム
ナス…2本
ゆで卵…1個
カイワレダイコン…適量
出し汁…300ミリリットル(A)
梅干し…2個(A)
酒…小さじ2(A)
みりん…小さじ2(A)
しょうゆ…小さじ1と1/2(A)

◆作り方
①鍋にAを入れて火にかけ、煮立ったら豚肉を入れてアクを取り除く。
②ナスを2等分して皮側に細かく切り込みを入れ、に加える。
③落とし蓋をして火を弱め、ゆっくり20分ほど煮て、火からおろす。
④粗熱が取れたら器に盛り、2等分したゆで卵とカイワレダイコンを添える。

焼き梅干しのしょっぱさが煮物のほどよいアクセントになる一品です。

(料理監修 管理栄養士・清水紀子)

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/©カラダネ

この記事が気に入ったらいいね!しよう