焼き梅干しダイエットレシピ①【お揚げの梅しそネギはさみ焼き】で脂肪を減らそう

解説カラダネ編集部

梅干しには、脂肪燃焼作用がある「バニリン」という成分が含まれています。
梅干しを加熱して焼き梅干しにすると、バリニンが約1.3倍に増えるうえに、クエン酸と糖分が結合して代謝を活発にする「ムメフラール」という物質もでき、さらなるダイエット効果が期待できます。

焼き梅干しは、梅干しを電子レンジで焼くだけで簡単に作ることができます(今回ご紹介する「お揚げの梅しそネギはさみ焼き」のレシピでは、はさみ焼きをするさいに梅干しを加熱します)。
作り方は下の関連記事をご覧ください。


長ネギの成分であるアリシンは、血液中の脂質を減らす働きがあるといわれています。
脂肪燃焼作用がある焼き梅干しと合わせて調理することで、さらなるダイエット効果が期待できます。

長ネギにもダイエット作用が期待できる

●材料(2人分)
油揚げ(いなり用)…3枚
梅干し…1個
長ネギ…1/2本
オオバ…6枚

◆作り方
①油揚げは半分に切り、口を開いて袋状にする。
②梅干しは種を取り除いてからたたき、長ネギは小口切りにする。
③❶にオオバと長ネギ、梅干しを等分して詰め、トースターやグリルでこんがりと焼く。

お酒のつまみにもよさそうですね。

(料理監修 管理栄養士・清水紀子)

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/©カラダネ

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう