1. ニュース&コラム
  2. リセット美容【食事編】発酵食品やたんぱく質をとろう。白米は食事の最後に

リセット美容【食事編】発酵食品やたんぱく質をとろう。白米は食事の最後に

解説白金ビューティフルエイジングクリニック院長
山口麻子

メイクに頼らない素肌の美しさを手に入れるには、お肌にもともと備わっている「健康や美しさを保つ力」を引き出す、リセット美容を行うこと。やり方は簡単です。

この記事は、リセット美容特集の第10回。

最終回の今回は、素肌の健康と年齢相応の美しさを保つための食事をお伝えします。
実は「何を食べたか」がまっ先に現れるのがお肌。
皮膚科医で美容医療の専門家、山口麻子先生にお話を聞きました。

善玉菌を増やす食事が美肌につながる

お肌の状態は、腸に左右されます。
例えば、便秘になると腸内で発生した有害物質が血液中に取り込まれて全身を巡り、シミやシワの原因になるなど、肌に悪影響を与えるといわれています。
便秘になると、お肌の調子が悪くなる人、いらっしゃいますよね??

腸の状態を良くするには、腸内細菌のうち、健康維持に役立つとされる善玉菌を増やすことによって、腸内フローラ(腸内細菌叢。叢は草むらの意味)を整える必要があります。
一方、腸内環境を悪化させる悪玉菌が増えると、腸内に便が留まって有害物質が発生する原因になってしまいます。

腸内フローラを整えるには、善玉菌を増やす食品をとることが大切。
納豆やヨーグルト、ぬか漬け、キムチ、みそなどの発酵食品を毎食少量でも食べ続けることで、善玉菌が増え、腸内フローラが整って素肌が美しくなります。
s_reset_illust_14.jpg
そして、腸内フローラを整えるためには、何を食べるかと同じくらい「何を食べないか」も重要。
まずは、できあいのお惣菜やファストフードには防腐剤や酸化防止剤が多いので控えるべきです。
唐辛子などの刺激物も腸を荒らす可能性があるため、食べすぎは禁物です。

たんぱく質は肌をつくる材料になる

次に大切なのは、たんぱく質です。たんぱく質は美しい肌を作る材料。
s_Fotolia_233850169_Subscription_Monthly_M.jpg
たんぱく質を食べないと、肌の弾力を担うコラーゲンが減り、シワの原因になってしまいます。
たんぱく質の補給源には魚や大豆、赤身のお肉などがあります。バランスよく食べるように心がけてくださいね。

同時にコラーゲンの生成で欠かせないのがビタミンCと鉄分。たんぱく質と一緒に摂取するよう心がけてください。

ご飯を最後に食べて老化を防ごう

ご飯や麺類に多く含まれる糖質のとりすぎは糖化につながるため、注意が必要です
糖化とは、余分な糖分が体内でたんぱく質とくっついてAGE(終末糖化産物)へと変化し、それが細胞の正常な働きを阻害して老化を早める現象のこと。

お肌内部の真皮にあるコラーゲンやエラスチンにAGEが蓄積すると、繊維のつながりが変形して弾力性を失い、皮膚のシワやたるみにつながってしまいます。

そのため、いつまでも美しい肌を保つためには、糖をとる量を減らしたり、食後の血糖値を上げないことが大切です。
私は食事のさいに、野菜→おかず→ご飯の順に食べることによって、ご飯を食べる量を減らすように心がけています。

さらに、野菜に含まれる食物繊維には、糖質の吸収を緩やかにする働きがあり、糖質よりも先に食べることによってその効果が高まるといわれています。食事のさいにはぜひ野菜から食べ始めるようにしてください。

美しい素肌のために食べすぎない

みなさんは、1日何回食事をしていますか?
おそらく、朝昼晩と3食食べている人が多いと思います。
おなかが空いていればいいのですが、特に空腹でもないのに習慣として食べている人も多いのではないでしょうか。

私は、その食べ方は本来とは違うと感じています。
空腹でもないのに習慣で食べると食べすぎてしまい、脂肪や糖質のとりすぎる可能性があるため、おすすめできません。

私自身は1日1食のこともあれば、3食のこともあります。朝は基本的にフルーツなどで軽くすませ、昼は食べないことも多々あります。
もちろん栄養不足になってはいけませんが、今の時代は栄養不足よりも食べすぎに注意すべきであることを忘れないでください。

サプリをとるならビタミンCを

私はみなさんにサプリを絶対にとるべきとはいいません。でも、もしもとるならビタミンCがおすすめです。
シミのもとになるメラニン色素を薄くする効果もあるし、私自身もビタミンCをとることで肌のコンデイションがよくなった経験があるからです。

ビタミンCは、美しい素肌づくりのためにとるなら、1日1〜3グラムがおすすめ。
これは大人に推奨されるビタミンC摂取量の10〜30倍ですが、ビタミンCは過剰にとっても尿として排泄されるため、基本的には安全とされています。

また、大人の女性には、紫外線対策で不足しがちなビタミンDもおすすめです。
ビタミンDは骨の合成にかかわるため、減ってしまうと骨がもろくなったり、顔の土台の骨が小さくなってたるみを招く可能性があります。
ビタミンDはイワシやサンマなどの魚類、シイタケやキクラゲなどのキノコ類に豊富。もちろん、サプリメントでとるのもおすすめです。

リセット美容いかがでしたでしょうか?

とにかくお肌をきれいにするために女性は努力を重ねていますが、現代の女性はそれがときに行きすぎてしまったり、誤った方向に行ったりする場合が多いのも事実です。

私は「素肌ルネサンス」という言葉を提唱しています。素肌のルネサンス(再生)は、テクニックではなく正しい知識がとても重要です。

今回の特集で私はその点をお伝えしたいと思い、解説をしてまいりましたがいかがでしたでしょうか。記事を参考に、まずはお肌をリセットして、今後さらに正しい知識をもとにスキンケアを続けて、素肌ルネサンスをめざしてください。

たくさん方の素肌が健康になって無理なくきれいになって、そして人生が豊かになれば私にとってこれ以上の喜びはありません。

更新情報はこちら→@カラダネ美容部

>> 1分で老化防止に役立つ情報が満載!スローエイジング1min講座はこちら <<
シミ / シワ / たるみ / くすみ / ほうれい線 / 老け顔 / ニキビ
ダイエット / おなかヤセ / 美脚 / / 肩こり / 目の悩み
ハンドケア / 便秘 / 頻尿 / 若返りホルモン / 女性ホルモン
生理の悩み / 更年期障害 / 冷え / 疲れ / 睡眠
ミニマリストのセルフケア日和 / きれいになる漢方
はじめてのローフード / 魅せトレ / 美肌菌

記事にあるセルフケア情報は安全性に配慮していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して医師にご相談ください。また、効果効能を保証するものではありません。

写真/© カラダネ © Fotolia

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう