1. ニュース&コラム
  2. 知らないと損!見た目を早く若返らせたい人は【食前10回スクワット】を。成長ホルモンを増やそう

知らないと損!見た目を早く若返らせたい人は【食前10回スクワット】を。成長ホルモンを増やそう

解説健康体力研究所
野沢秀雄

一刻も早く見た目を若返らせたい人、老けを遅らせたい人は成長ホルモンに注目すべきかもしれません。
そこでおすすめなのは、食前にスクワットをすること。

スクワットについて長年研究を続けてきた野沢英雄先生に話を聞きました。食前にスクワットするだけで見た目が若返るとしたら、やらない手はありません!

見た目が老けている人は成長ホルモンが少ない?

今の日本人は昔の人に比べて本当に若々しくなりました。
とはいえ、全員が若々しいわけではありません。同じ年齢でも若く見える人と、老けて見える人が必ずいます。どうせなら、若々しく見られたいものですよね。

見た目の若さというとどうしても顔のケアばかりに注目が集まりがちですが、実はそれと同じくらい大切なのが体内でのホルモンの分泌をよくすることです。特に見た目の若さを左右する「若返りホルモン」ともいうべきものが、成長ホルモンです。

成長ホルモンは、その名のとおり私たちの体が大人へと成長する約20歳までの間に多く分泌されます。それ以降は血液中の量が減っていくものの、実は中高年の体内でも分泌され、次のような役割を果たしています。

・たんぱく質の合成を助けて、筋肉を肥大させる
・骨を丈夫にするのを助ける
・脂肪の分解を促す
・張りのある肌を作る

そのため、成長ホルモンの分泌量が不足すると、筋力が衰えたり、シワやタルミが増えたりして、見た目が実年齢以上に老けてしまうことになります。
つまり、見た目が老けている人は成長ホルモンの分泌量が減っている可能性が大きいのです。

さらに、成長ホルモンの分泌量が減ると脂肪の分解作用も衰えるので、肥満も起こりやすくなりますが、これも見た目年齢を一気に老けさせてしまう一因となるでしょう。

成長ホルモンは筋肉を鍛えると増える

そこで、見た目をとにかく若返らせたい人は、成長ホルモンの分泌量を増やすのがおすすめ。実をいうと、年齢を重ねても成長ホルモンは体内で作られるといわれているので、ぜひ分泌量を増やす努力をしてください。

成長ホルモンの分泌を促す秘訣の第一は、筋肉を増やすこと。実は、成長ホルモンの分泌量は、筋肉量が多いほど増えるのです。運動の習慣がない場合、筋肉量は年を取るほど減ってきます。40歳を超えると、1年で1%程度の割合で減るといわれています。

しかし適切な運動を行えば、たとえ70歳80歳の人でも、筋肉量を増やせることがわかっています。運動そのものにも、脳を刺激して成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。そのため。見た目から若返りたい人は、筋肉を増やすための運動を積極的に行いましょう。

見た目を若返らせたい人へ。スクワットのやり方

では、具体的にどんな運動がいいかというと、それは筋力トレーニングと呼ばれる無酸素運動(酸素を取り入れずに行う運動)です。無酸素運動として、比較的手軽にできるのはスクワットです。
老化予防運動の研究で知られる石井直方博士(東京大学教授)も、成長ホルモンを増やす運動の一つとして、スクワットをあげています。
s_スクワット (1).jpg●見た目若返りスクワットのやり方
左のように直立する。5秒ほどかけてひざをゆっくりと曲げていく(ひざの角度は90度が理想)。曲げられる角度まできたら、続けて5秒ほどで立ち上がる。

石井博士もすすめていますが、動作をゆっくりと中断ぜずに行うのがコツです。成長ホルモンは、筋トレによって筋肉が傷つき、それを修復する段階で分泌されます。
それによって、筋肉が修復されて大きく強くなるというわけです。

なぜ見た目を若返らせるために、食前に運動なのか

成長ホルモンの分泌量を増やそうとしてスクワットを行う場合、いつ行うかも重要です。というのも、最近の研究で成長ホルモンは空腹がピーク(頂点)に達したときに出やすいことがわかしました。

空腹になると、食欲を促すグレリンというホルモンが分泌されます。実は、このグレリンには、脳下衰退を刺激して成長ホルモンを分泌させるという作用もあるとされます。このスクワットは、成長ホルモンの分泌量を増やすのが大きな目的なので、食前に行うとグレリンとの相乗作用を期待できます。
だいたい、10回を目安に行ってください。

食後に有酸素運動をしよう

スクワットのような無酸素運動を行うと、成長ホルモンの働きによって約1時間後に脂肪の分解速度が上がるとされます。

この状況は数時間続くので、スクワットをしたあとに食事をして、その1時間後に有酸素運動、例えばウォーキングなどを行うと、脂肪を効率よく燃やせる可能性があります。
運動の順番的にも、無酸素運動のあとに有酸素運動を行うのがいいとされますので、おすすめします。

いかがでしょうか。老化を遅くするために、ぜひ実践してみてください。
もちろん、誰の体にも必ず変化が現れるというものではありません。でも、運動は実践することが重要ですし、続けることがもっと重要です。

私は、長年スクワットの研究をしてきましたが、とにかくやらないと損ともいうべきとても優れた運動だと思っていますので、みなさんにもおすすめします。

>> 見た目を若返らせる情報が満載!スローエイジング1min講座はこちら <<
シミ / シワ / たるみ / くすみ / ほうれい線 / 老け顔 / ニキビ
ダイエット / おなかヤセ / 美脚 / / 肩こり / 目の悩み
ハンドケア / 便秘 / 頻尿 / 若返りホルモン / 女性ホルモン
生理の悩み / 更年期障害 / 冷え / 疲れ / 睡眠
ミニマリストのセルフケア日和 / きれいになる漢方
はじめてのローフード / 魅せ顔トレーニング

記事にあるセルフケア情報は安全性に配慮していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して医師にご相談ください。また、効果効能を保証するものではありません。

写真/© カラダネ © Fotolia

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう