スイカの皮の酢漬けレシピ③【スイカの皮と甘酢ショウガのさっぱり和え】

解説カラダネ編集部

スイカの皮の白い部分に多く含まれる「シトルリン」は、血流をアップさせて体温を上昇させる働きが強いため、冷え症の改善が大いに期待できます。
そのほか、むくみや足の冷え、こむら返りにも効果が期待できるといわれています。

スイカの皮のくわしい作用については、ページ下部の関連記事をご覧ください。

今回ご紹介するレシピは、スイカの皮の酢漬けと甘酢ショウガのさっぱり和え。
まさに夏にぴったりの爽やかな組み合わせです。

材料を千切りにしてスイカの皮を添えるだけ

【材料(2人分)】
スイカの皮の酢漬け……80グラム
甘酢ショウガ(ガリ)……40グラム
大葉……2枚

【作り方】
甘酢ショウガ、大葉は千切りにし、スイカの皮の酢漬けを和える。

スイカの皮とショウガの組み合わせで、さらに冷えの改善が期待できそうですね。

(料理制作 アプリールクッキングスタジオ主宰・飯嶋知晴)

ツイッターでもお酢情報発信中→@お酢ラボ

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/©カラダネ

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう