スイカの皮の酢漬けレシピ①【蒸し鶏とスイカの皮のバンバンジー風】

解説カラダネ編集部

スイカの皮の白い部分に多く含まれる「シトルリン」は、血流をアップさせて体温を上昇させる働きが強いため、冷え症の改善が大いに期待できます。
そのほか、むくみや足の冷え、こむら返りにも効果が期待できるといわれています。

スイカの皮のくわしい作用については、ページ下の関連記事をご覧ください。

この記事では、スライスして並べるだけの蒸し鶏とスイカの皮のバンバンジー風の作り方を紹介します。

お手軽に夏にぴったりなおかずをプラス

【材料(2人分)】

鶏ムネ肉……大1枚
酒……大さじ1
キュウリ……1本
スイカの皮の酢漬け……適宜
炒りゴマ……大さじ1

〈タレ〉
練りゴマ……大さじ3
砂糖……大さじ2
しょうゆ……大さじ2
酢漬けの酢……大さじ1

【作り方】
鶏ムネ肉は酒をかけてふんわりラップをし、レンジにかけて火を通し、ラップを外さずにそのまま冷ます。
鶏ムネ肉、キュウリをスライスし、スイカの皮の酢漬けと交互に並べ、タレをかけ、ゴマをふる。

お手軽に夏にぴったりなおかずを1品プラスしましょう。お酒にもよく合いそうですね。

(料理制作 アプリールクッキングスタジオ主宰・飯嶋知晴)

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/©カラダネ

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう