1. レシピ
  2. 【ピオッピ式長生きレシピ】タンドリーサーモンのライタがけ

【ピオッピ式長生きレシピ】タンドリーサーモンのライタがけ

解説カラダネ編集部

イタリア南部、チレント地方にある人口約200人の小さな村、ピオッピ。
百寿者率は世界一を誇り、男女の平均年齢はなんと87歳!
スーパーご長寿村として、世界中から注目を集めています。

ピオッピ村の人々の食事の基本は、「高脂肪の地中海食」。
地中海食発祥の地であるピオッピ村では、脂ののった魚やオリーブオイルをたくさんとり、野菜もたっぷり食べるいっぽう、炭水化物の摂取は控えめなんだそう。

そんなピオッピ村の長寿の秘訣をヒントにした、
私たちでもまねできる「長生きレシピ」を紹介します。

スパイシーなサケに爽やかなヨーグルトが合う!

今回のレシピは、サケを使った、初夏にぴったりの爽やかな一皿。

サケの身の赤色のもとであるアスタキサンチンという成分には、強力な抗酸化作用があり、血液をサラサラにしたり、美肌にもいいといわれています。

ライタとは、インドやその周辺の地域で食されているヨーグルトサラダのこと。ヨーグルトの酸味と野菜のシャキシャキした食感が、スパイシーな料理にとてもよく合いますよ。


●材料(2人分)
〈タンドリーサーモンの材料〉
タンドリーマサラパウダー…大さじ3、サケの切り身…300g、バター…30g、エクストラバージンオリーブオイル…大さじ2

〈ライタの材料〉
キュウリ(さいの目切り)…1/2本、ナチュラルヨーグルト…250g、フレッシュミントの葉(みじん切り)…5g、ドライミント…小さじ1/2、レモン(果汁のみ)…1/2個、塩・挽きたての黒コショウ…各適量

レタスの葉…4枚、タマネギ(細かいみじん切り)…1個、フレッシュコリアンダー(細かいみじん切り)…5g

●作り方
①タンドリーマサラパウダーをサケの切り身全体にすり込み、寝かせておく。
②ライタの材料をすべてボウルに入れ、よくまぜる。
③バターとオリーブオイルをフライパンに入れ、中火にかける。バターが泡だちはじめたら、皮を下にしてサケを焼く。8分前後火を通す。
④焼きながら、フライパンのバターとオリーブオイルを切り身にかけ、裏返す。もう片面を90秒焼き、火からおろす。
⑤サケの皮をはがす。レタスの葉にサケをのせる。上から②のライタ、タマネギ、コリアンダーをかける。

タンドリーマサラパウダーは、タンドリーチキンに使われる赤いスパイスです。
手に入らない場合は、カレーに使うスパイスをミックスして使ってもいいでしょう。


記事にあるセルフケアは安全性に配慮していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して医師にご相談ください。また、効果効能を保証するものではありません。


写真/©カラダネ

関連記事

『世界一長寿で幸せな村 イタリア ピオッピ式 最高の長生き術』
アシーム・マルホトラ ドナル・オニール 著
白澤 卓二 監修 府川 由美恵 訳

全国の書店やインターネット(アマゾン楽天)でも絶賛発売中!
ピオッピ書影_page-0001.jpg
病人が極めて少ない、百寿者率世界一のピオッピ村の秘密を公開。21日間のピオッピ式運動メニューと42品の長生きレシピ付き。

この記事が気に入ったらいいね!しよう