1. レシピ
  2. 【ピオッピ式長生きレシピ】チーズハンバーグ、トマトとアボカドとオニオンソテーのせ

【ピオッピ式長生きレシピ】チーズハンバーグ、トマトとアボカドとオニオンソテーのせ

解説カラダネ編集部

イタリア南部、チレント地方にある人口約200人の小さな村、ピオッピ。
百寿者率は世界一を誇り、男女の平均年齢はなんと87歳!
スーパーご長寿村として、世界中から注目を集めています。

ピオッピ村の人々の食事の基本は、「高脂肪の地中海食」。
地中海食発祥の地であるピオッピ村では、脂ののった魚やオリーブオイルをたくさんとり、野菜もたっぷり食べるいっぽう、炭水化物の摂取は控えめなんだそう。

そんなピオッピ村の長寿の秘訣をヒントにした、
私たちでもまねできる「長生きレシピ」を紹介します。

トッピングを工夫して自分好みにカスタマイズ!

今回のレシピは、ボリューム満点のチーズハンバーグ。アボカドやトマトなどを添えることで、ご飯やパンなどの主食がなくても、これ一品で満足感のある夕食になります。

ピオッピ式長生き術では、赤身の肉は「適量ならOK」としています。世界がん研究基金では、週に500gまでの赤身の肉を食べることをすすめています。

●材料(2人分)

牛挽肉…320g、塩・挽きたての黒コショウ…各適量、バター…20g、エクストラバージンオリーブオイル…大さじ2、赤タマネギ(薄切り)…1個、スライスチーズ…4枚、トマト(スライス)…1個、アボカド(種を取りスライス)…1個、ピクルス…適宜

●作り方
①挽肉に塩とコショウを振ってハンバーグの形にする。そのまま室温で寝かせておく。
②中火にかけたフライパンにバターとオリーブオイルを入れる。バターがとけたら赤タマネギを入れる。タマネギをくずしながら5分ごとにまぜ、タマネギがやわらかくなってカラメル状になるまで、20分火を通す。
③スキレットを熱し、熱くなったら①をのせる(ハンバーグに脂が十分に含まれているので、オイルをひく必要はない)。ミディアムレアなら片面を3分ずつ強火で焼き、ウェルダンなら片面6〜7分ずつ焼く。ハンバーグをひっくり返したら、上にチーズをのせ、ハンバーグの熱でチーズをとかす。
④ハンバーグを皿にのせ、上にトマトのスライス、アボカドのスライス、カラメル状のタマネギをのせる。お好みでピクルスを添える。

ホウレンソウのソテーを添えたり、カリカリに焼いたベーコンや目玉焼きをのせるのもおすすめです。



記事にあるセルフケアは安全性に配慮していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して医師にご相談ください。また、効果効能を保証するものではありません。


写真/©カラダネ

関連記事

『世界一長寿で幸せな村 イタリア ピオッピ式 最高の長生き術』
アシーム・マルホトラ ドナル・オニール 著
白澤 卓二 監修 府川 由美恵 訳

全国の書店やインターネット(アマゾン楽天)でも絶賛発売中!
ピオッピ書影_page-0001.jpg
病人が極めて少ない、百寿者率世界一のピオッピ村の秘密を公開。21日間のピオッピ式運動メニューと42品の長生きレシピ付き。

この記事が気に入ったらいいね!しよう