1. ニュース&コラム
  2. 「ワイヤー入りブラ」だと、女性ホルモンバランスが乱れて老けを早めるかも

「ワイヤー入りブラ」だと、女性ホルモンバランスが乱れて老けを早めるかも

解説東京医療保健大学大学院非常勤講師
神藤多喜子

スローエイジングに目覚めたあなたへ。
今回は約1分で読める「ホルモンバランスが乱れるNG習慣」のお話です。

joseihorumon6-is1.png

joseihorumon6-is2.png

joseihorumon6-is3.png

joseihorumon6-is4.png

バストは見える女性ホルモンです。バストが温かくて柔らかな状態なら、血液やリンパ液の循環がよく、女性ホルモンのバランスも整っていると私は考えています。つまり、バストを冷えて硬くさせる生活習慣は、女性ホルモンのバランスを悪くして老けを早める可能性があるのです。

パッドやワイヤーが入ったブラジャーに要注意!

女性が毎日着用するブラジャーですが、実はパッドやワイヤー入りのものばかり使うと、バスト周辺が圧迫されたり、ずれて乳腺部分を直接圧迫して体液の流れが滞り、冷えて硬くなってしまうことがあるのです。すると、血液循環が滞り、せっかく分泌された女性ホルモンも全身を巡りにくくなってしまいます。また、女性の場合はバストの血流が悪くなれば全身の血流も悪化し、卵巣や子宮の機能も衰えて、女性ホルモンの分泌に支障をきたす可能性があるのです。

さらに、腕や胸の筋肉の運動不足により、血液やリンパ液の循環が低下したり、バストが歪んで筋膜に張り付いた状態も、バストが冷えて硬くなる原因になってしまいます。(筋膜に張りついたバストをはずす「おっぱいマッサージ」について別の記事で解説しています)。
もちろん、ハードな仕事や不規則な食生活、睡眠不足、過度なダイエットなどでも、女性のホルモンバランスは乱れてしまうため注意してください。

カラダネは大人の女性に「スローエイジング」を提案します。
スローエイジングは、若見えのテクニックや、無理な若返りを試みることではありません。
カラダの中から整えて、老化のスピードを遅らせることが目的です。

記事にあるセルフケア情報は安全性に配慮していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して医師にご相談ください。また、効果効能を保証するものではありません。

写真/©カラダネ

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう