1. ニュース&コラム
  2. 女性ホルモンが減り、老けが早まる生活とは?「無感動」「性的刺激ゼロ」は危険

女性ホルモンが減り、老けが早まる生活とは?「無感動」「性的刺激ゼロ」は危険

解説美馬レディースクリニック院長
美馬博史

スローエイジングに目覚めたあなたへ。
今回は約1分で読める「女性ホルモン不足を招く生活」のお話です。
joseihorumon2-is1.png
joseihorumon2-is2.png
s_joseihorumon2-is3.png
joseihorumon2-is4.png

老けが早い人と遅い人の差は、体内の女性ホルモン力をキープできているか否かが大きく関係しています。では、キープするポイントはどこかというと、やはり毎日の生活習慣が重要です。私の診療経験では、以下のことがわかっています。

老けが早い人の生活習慣には特徴がある

女性ホルモンの分泌量は、通常は30代後半の卵巣の衰えとともに減りはじめ、肌の乾燥や疲労感に悩まされるなど、老けを感じるようになります。ところが、老けが早い人は分泌量の減少が年齢的にも早くから始まったり、2種ある女性ホルモンのバランスが悪くなったりするのです。
その理由で最も大きいのは、生活習慣だと私は考えています。老けが早い「女性ホルモン不足の人」には、以下のような特徴が見受けられます。

●ダイエット中の人や偏食の人
女性ホルモン力が正常になるためには、良質の脂肪やたんぱく質、ビタミン、ミネラルが必要です。極端な食事制限を伴うダイエットをする女性は、やせてキレイになるどころか逆に老けを早める可能性があります。
●感受性が乏しい人
何かに感動したり喜んだりする経験が多い人ほど、脳が活性化して女性ホルモン力をキープできている人が多いようです。実際、無感動の人は老けが早いように感じます。
●性的刺激(性生活など)が少ない
性的な刺激がない人、トキメキがない人ほど、女性ホルモンが不足しがちです。
●ストレスが多い人
ストレスを過剰に受けると、脳の視床下部の働きが低下して、分泌が衰えがちです。

老化スピードを遅くするために、上記の生活に気をつけて、女性ホルモン力をキープしてください。

カラダネは大人の女性に「スローエイジング」を提案します。
スローエイジングは、若見えのテクニックや、無理な若返りを試みることではありません。
カラダの中から整えて、老化のスピードを遅らせることが目的です。

記事にあるセルフケア情報は安全性に配慮していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して医師にご相談ください。また、効果効能を保証するものではありません。

写真/©カラダネ

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう