1. ニュース&コラム
  2. 【老けが早い人】アラフォーでも女性ホルモン不足かも。30代後半から分泌量に差が出る

【老けが早い人】アラフォーでも女性ホルモン不足かも。30代後半から分泌量に差が出る

解説美馬レディースクリニック院長
美馬博史

スローエイジングに目覚めたあなたへ。
今回は約1分で読める「女性ホルモンの分泌量」のお話です。
joseihorumonb-is1.png
joseihorumonb-is2.png
joseihorumonb-is3.png
joseihorumonb-is4.png

女性の一生は、わずかティースプーン1杯分しか分泌されないといわれる「女性ホルモン」の働きに左右されます。女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があり、両方とも卵巣から分泌されます。そして、お互いがバランスを取りながら肌や髪の美しさを保つ、全身の潤いを保つ、動脈硬化を防ぐ、骨を強くするなどといった働きに加え、感情をも支配しています。若く見える人と老けて見える人の差は40歳前後のいわゆるアラフォーから現れますが、老けて見える人の場合、以下のことが危惧されます。

女性ホルモン不足の可能性がある

少しくわしく解説します。
s_女ホル グラフ.jpg女性ホルモンの分泌量は、10代から増えはじめて女性らしい体つきへと変化します。このころは、いわゆる思春期で心も不安定になりがち。その後、20代から30代後半までは安定します。
分泌量は30代後半の卵巣の衰えとともに減りはじめ、肌の乾燥や疲労感に悩まされるなど、老けを感じるようになります。45歳以降は、分泌量がさらに激減し心身に不調が現れる場合がありますが、これが更年期障害です。

問題なのは、女性ホルモンの分泌量が減るスピードには個人差があり、早く減る人もいること。若見え老け見え
の差は、女性ホルモンの分泌量の差である(もしくは2種のバランスが悪くなっている)可能性が大きいわけです。分泌量に差が出るのが30代後半ですので、いわゆるアラフォーから若見えと老け見えの人に分かれます。

女性ホルモン力をキープして、老化スピードを遅くするためには、まずは規則正しい食生活をする、適度な運動をする、十分な睡眠をとるといったことが重要です。

カラダネは大人の女性に「スローエイジング」を提案します。
スローエイジングは、若見えのテクニックや、無理な若返りを試みることではありません。
カラダの中から整えて、老化のスピードを遅らせることが目的です。

記事にあるセルフケア情報は安全性に配慮していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して医師にご相談ください。また、効果効能を保証するものではありません。

写真/©カラダネ

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう