1. ニュース&コラム
  2. 女性ホルモンが増えて若返る人もいる体操【ジョホレッチ】とは(漢方医が解説)

女性ホルモンが増えて若返る人もいる体操【ジョホレッチ】とは(漢方医が解説)

解説漢方専門医
五野由佳理

スローエイジングに目覚めたあなたへ。
今回は約1分で読める「女性ホルモンとストレッチ」のお話です。

joseihorumon8-is1.png
joseihorumon8-is2.png
joseihorumon8-is3.png
joseihorumon8-is4.png

女性の体は、女性ホルモンに支配されています。特に、卵巣から分泌されるエストロゲンは、生理や妊娠・出産といった体の変化をコントロールするだけでなく、肌のハリやキメを整えたり、髪の毛の発育を促したり、くびれを作ったりと若さをキープしたい女性にとって、なくてはならない存在です。

ところが、加齢だけでなく、睡眠不足や疲労、精神的なストレスが引き金となり、女性ホルモンバランスが乱れる女性は少なくありません。そうした女性が安全かつ自然に女性ホルモンの増加を目指せる方法を紹介しましょう。

卵巣周辺が温まる?ストレッチ法「ジョホレッチ」がおすすめ

ジョホレッチは、腹式呼吸を基本に、女性らしさを強調した動作を7分行うだけのとても簡単なストレッチです。私が推測するには、副交感神経を働かせ、リラックスした状態で腰や股関節を大きく動かすことで、骨盤内の血流がよくなって卵巣周辺が温まると考えられます。考案者の鈴木まり先生は、ストレッチをはじめて5ヵ月で血液中のエストロゲンの数値が約4倍にまで増加したといいます。

ほかにも、ジョホレッチによって、生理痛や生理不順が改善した、肌や髪のツヤがよくなった、精神的に安定した、体操をした次の日にずっと止まっていた生理が復活したなど、女性らしさを取り戻せたという声が複数届いているといいます。
老化を遅くしたい女性は、女性ホルモンの分泌量を意識することがとても重要です。ジョホレッチのやり方については、明日公開の記事で解説されています。


>> 1分で老化防止に役立つ情報が満載!スローエイジング1min講座はこちら <<
シミ / シワ / たるみ / くすみ / ほうれい線 / 老け顔 / ニキビ
ダイエット / おなかヤセ / 美脚 / / 肩こり / 目の悩み
ハンドケア / 便秘 / 頻尿 / 若返りホルモン / 女性ホルモン
生理の悩み / 更年期障害 / 冷え / 疲れ / 睡眠
ミニマリストのセルフケア日和 / きれいになる漢方

カラダネは大人の女性に「スローエイジング」を提案します。
スローエイジングは、若見えのテクニックや、無理な若返りを試みることではありません。
カラダの中から整えて、老化のスピードを遅らせることが目的です。

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/© Fotolia ©カラダネ

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう