1. ニュース&コラム
  2. 【骨盤のゆがみ】はあらゆる不調を招く可能性が。関節痛、便秘、女性ホルモン不足など(歯科医師解説)

【骨盤のゆがみ】はあらゆる不調を招く可能性が。関節痛、便秘、女性ホルモン不足など(歯科医師解説)

解説やまだ治療院顧問
山田晶

骨盤のゆがみはさまざまな病気や不調を引き起こすといわれますが、具体的にはどのような病気や不調を招く可能性があるのでしょうか。1990年代から骨盤のゆがみと体の不調について研究し、本も執筆されてきた骨盤のスペシャリスト、やまだ治療院顧問の山田晶先生にくわしいお話を聞きました。

骨盤のゆがみは、あらゆる病気や不調の原因になる可能性があります。ゆがみの予防や改善のために、普段の姿勢や動作に注意をしたり、骨盤を支える筋肉を鍛える運動に取り組むことを意識するようにしてください。

骨盤のゆがみが腰痛やひざ痛を招く可能性がある

s_スクリーンショット 2018-09-26 15-2.png

骨盤のゆがみは、あらゆる病気を招く原因になります。そのカギを握るのが、骨盤を構成する骨の一つの仙骨であると私は考えています。

仙骨の上には背骨(頸椎<けいつい>・胸椎・腰椎)があり、椎骨という小さな骨が、横から見るとS字型のゆるやかなカーブを描きながら積み重なっています。そのため、骨盤がゆがむと仙骨の位置にズレが生じ、その上にある背骨も不安定になると考えられるのです。

本来、骨盤は適度な角度で前傾したり、後傾したりしています。ところが、骨盤がゆがめば前傾・後傾の角度が極端に強くなり、上にある背骨が正常なS字型のカーブを保てなくなるのです。

s_Fotolia_224210499_Subscription_Monthly_M.jpg

極端な前傾になると背骨のカーブが強くなって、胸と腰の部分がグニャッと曲がったようになります。一方、極端な後傾になると背骨のカーブが失われて、まっすぐに伸びたようになります。

どちらの場合も背骨にかかる重みや衝撃が分散されず、特に腰椎(腰の部分の背骨)に大きな負担がかかり、腰痛を招く原因になってしまいます。

仙骨のズレは、下半身のバランスや重心も乱す可能性があります。すると、ひざ関節が重心の位置を無理に立て直そうとするため、ひざに過度の負担がかかることがあります。その結果、ひざ痛を生じることがあると考えられるのです。

ほかにも、仙骨がズレると頭痛、首や肩のこり、背中の痛みなども起こることがあります。こうした痛みは、腹筋や背筋、殿筋(でんきん。お尻の筋肉)をはじめ、首・肩・上腕などの筋肉周辺の神経が、強く刺激されることで生じると考えられます。

同時に、筋肉が圧迫されると酸素を運ぶ血液の流れが妨げられます。すると、筋肉内に痛みを起こす物質が生じる可能性があり、激痛を招く原因の一つになっていると考えられます。

骨盤のゆがみが引き起こす内臓下垂が女性ホルモン不足や便秘の原因になる?

骨盤のゆがみによって直接的に影響を受けるのが、骨盤内に収まっている腸や生殖器・泌尿(ひにょうき)などの内臓であると考えられます。骨盤にゆがみがなく引き締まっていれば、内臓は骨盤底筋群(骨盤の下部にある筋肉)や靱帯(じんたい。骨と骨をつなぐ丈夫な結合組織)に覆われて支えられます。しかし骨盤がゆがむと、内臓がしだいに下の方へと下がる内臓下垂を招くと考えられます。

内臓下垂になると、女性の場合は子宮や卵巣が圧迫され、女性ホルモンの働きが悪化することがあります。その結果、生理痛や月経不順をはじめ、頭痛・めまい・肩こり・動悸(どうき)・息切れ・冷え症・不眠症といった不定愁訴(原因不明の体調不良)を招く可能性があるのです。子宮内膜症などの婦人病にかかりやすくなるほか、更年期障害が重くなることもあると考えられます。

腸への影響も見逃せません。腸が仙骨やほかの内臓に圧迫されると、排泄を促す蠕動(ぜんどう)運動がうまく行われなくなり、便秘が起こりやすくなる可能性があります。

特に骨盤が開いて四角に変形した場合には、支えきれなくなった腸がだんだん下垂してきます。すると腹筋が弱くなって姿勢がさらに悪くなり、ますます腸の下垂が進むという悪循環に陥ってしまうことがあります。そんな状態が続けば、内臓の重い病気にかかる危険性も大きくなるでしょう。

骨盤のゆがみは自律神経の乱れや免疫力の低下を引き起こす可能性もある

骨盤がゆがんで、背骨の正しいカーブを維持できなくなると、背骨の中を通る自律神経(意志とは無関係に内臓や血管の働きを支配する神経)の働きにも影響すると考えられます。すると、呼吸・体温・発汗などを調節する働きが悪くなるほか、心臓の拍動、胃腸での消化といった内臓の働きにも異常が現れることがあるのです。自律神経の乱れは、不眠症やうつといった病気の原因にもなります。最近の研究では、自律神経の乱れが免疫力(病気から体を守る力)を低下させることもわかっています。

こうしたことから、骨盤のゆがみがあらゆる病気の温床になることをよく理解し、日ごろの生活習慣を見直すことが肝心だと私は考えています。骨盤のゆがみを防ぐためには、日頃から、背すじを伸ばした正しい姿勢を保ち、筋肉を鍛えるための運動を行うよう意識することをおすすめします。

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/© Fotolia ©カラダネ

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう