1. レシピ
  2. 【ドライおからレシピ集】ダイエット中でも食べられるおやつ、副菜レシピ

【ドライおからレシピ集】ダイエット中でも食べられるおやつ、副菜レシピ

解説カラダネ編集部

ドライおからは、料理のカサ増しはもちろん主材料にも使えるなど、いろいろな料理に活用できる使い勝手のいい食材です。

ドライおから料理を毎日食べれば、ラクにダイエットができるはず。
この記事ではドライおからを活用した副菜、おやつ編を紹介します。

なお、ドライおからは、スーパーや通信販売で手に入れるほか、自分でも手作りできちゃいます。
作り方や基本の使い方については、下記の記事をご覧ください。

アスパラと鶏ササミのおからゴマ和え

ごま和え.jpg


【材料(2人分)】
鶏ササミ…4本
酒…大さじ1
アスパラガス…4本


ドライおから…大さじ2
すりゴマ…大さじ2
砂糖…大さじ2
しょうゆ…大さじ2

【作り方】
ササミは耐熱容器に入れ、酒をかけてふんわりとラップをする。600Wのレンジで約4分加熱し、そのままラップを外さずに冷ます。

アスパラガスは下10センチの皮をむき、さっと塩ゆでして斜めのそぎ切りにする。冷めたササミをほぐし、蒸し汁に漬け込む。

❸A
の調味料を混ぜて和え衣を作り、ササミとアスパラガスを和えて器に盛る。

おからポテサラダ

おあさら.jpg

【材料(2人分)】
ドライおから…30グラム
豆乳…100ミリリットル
キュウリ…2分の1本
キュウリ用の塩…小さじ4分の1
タマネギ…2分の1個
リンゴ…4分の1個
マヨネーズ…大さじ2
塩・コショウ…少々

【作り方】
キュウリは薄い輪切りにして塩をまぶし、15分ほどおいてから絞る。タマネギは薄切りにして塩をふってもみ、流水でもみ洗いしてからしっかり水けを切る。リンゴはイチョウ切りにする。

ドライおからに豆乳を混ぜ、の材料をすべて加える。マヨネーズ、塩・コショウで味を調えて器に盛る。

豆乳おからクッキー

おからクッキー.jpg

【材料(2人分)】
ドライおから…50グラム
バター…15グラム
卵…2分の1個
きび砂糖…25グラム
豆乳…大さじ4~適量

【作り方】
ドライおからとバターをボウルに入れ、バターをスケッパー(カード)で細かく刻む。そぼろ状になったら、卵ときび砂糖を加えて混ぜる。

豆乳を少しずつ加えながら折りたたむように混ぜる。豆乳の量はその日の湿度に応じて、かろうじてまとまる程度に調節しながら加える。

生地を棒状にまとめてラップで包み、冷蔵庫で30分寝かせる。

包丁で厚さ7~8ミリに切り分け、形を整える。天板に並べて180度のオーブンで約15分焼く。

みなさんもドライおから、ぜひ試してみませんか?

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/©カラダネ

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう