1. ニュース&コラム
  2. トマトの美肌栄養【リコピン】は細胞壁の中に隠れている。冷凍トマトで食べよう

トマトの美肌栄養【リコピン】は細胞壁の中に隠れている。冷凍トマトで食べよう

解説カラダネ編集部

スローエイジングに目覚めたあなたへ。
今回は約1分で読める「トマトのリコピン」のお話です。
tomato-is1.png
tomato-is2.png
tomato-is3.png
tomato-is4.png
トマトの赤い色の成分、リコピン。シミの予防や改善に役立つ可能性があるというのは有名な話。でもリコピンは細胞壁に閉じ込められているため、トマトを生で食べても噛んでつぶしたときにほんの少量しか摂取できないとか。残りは分解されずに胃腸を通って排出される可能性が大きいというから、悲しすぎる!

そこでリコピンの効率的な摂取には、食べる前にあらかじめトマトの細胞壁を壊しておければベター。すぐ思いつくのはトマトジュースですが、ここで問題がひとつ。トマトはジューサーやミキサーでつぶす前に、加熱して細胞壁を軟らかくしておく必要があり、加熱のさいトマトのビタミンCや酵素などの熱に弱い成分が壊れてしまうそう。美容に貪欲な女性なら、これらの成分も絶対にムダにしたくないですよね。そんな願いを叶える食べ方がこちら。

冷凍トマトなら効率よく美容成分がとれるはず!

寒くなってきたこの時期にいうのはなんですが、トマトを今日から凍らせましょう。
トマトは加熱してつぶすだけでなく、凍らせても細胞内の水分が膨張して細胞壁が壊れ、中のリコピンを吸収しやすくすることができるといいます。もちろん、この方法なら熱に弱い美容成分も壊さずにとることができちゃいます。作り方は、密封できる袋にトマトを数個ずつ詰めて冷凍室に入れるだけ。水洗いをしてヘタをくりぬいた状態で冷凍すれば、冷凍庫から出してすぐ調理ができ、とってもお手軽。くわしくは、大学教授が解説しているこちらの記事をご覧ください。

>> 1分で老化防止に役立つ情報が満載!スローエイジング1min講座はこちら <<
シミ / シワ / たるみ / くすみ / ほうれい線 / 老け顔 / ニキビ
ダイエット / おなかヤセ / 美脚 / / 肩こり / 目の悩み
ハンドケア / 便秘 / 頻尿 / 若返りホルモン / 女性ホルモン
生理の悩み / 更年期障害 / 冷え / 疲れ / 睡眠
ミニマリストのセルフケア日和 / きれいになる漢方

カラダネは大人の女性に「スローエイジング」を提案します。
スローエイジングは、若見えのテクニックや、無理な若返りを試みることではありません。
カラダの中から整えて、老化のスピードを遅らせることが目的です。

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/© Fotolia ©カラダネ

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう