1. ニュース&コラム
  2. シミが逆に増える【間違い紫外線対策】を専門医解説〜野菜たっぷり食や美白化粧品でシミが増える!?〜

シミが逆に増える【間違い紫外線対策】を専門医解説〜野菜たっぷり食や美白化粧品でシミが増える!?〜

解説カラダネ編集部

毎日お手入れしてるのに肌の調子がよくならない。なんてお悩みの方は、もしかしたらスキンケア方法が間違っているかもしれません。
シミやシワを防いで、若々しい肌になるためには正しいスキンケアが必要です。

今回は、私のクリニック目白院長の平田雅子先生、高須クリニック院長の高須克弥先生に美肌の秘訣である正しいスキンケアの方法をお聞きしました。

紫外線の感受性を高める【ソラレン】

ビタミンたっぷりの果物や野菜は、美肌作りに大いに役立ちますが、朝食でとって外出すると、美肌どころか、かえってシミができやすくなる場合があります。

レモンやグレープフルーツ、キウイ、オレンジといった果物や、セロリ、キュウリ、パセリなどの野菜、さらに、ソバ、野沢菜などには「ソラレン」という物質が多く含まれているためです。ソラレンは紫外線の感受性を高めるため、ソラレンを含む食品をとって紫外線に当たると、シミやソバカスができやすくなってしまう場合があるのです。

ソラレンが特に多いのは、ソバと野沢菜。紫外線の強い時季に屋外でスポーツをするなら、朝食や昼食にソバと野沢菜はとらないほうがいいでしょう。ただ、ソラレンは摂取後7~8時間で代謝(分解)されるので、夕食でとるのは問題ありません。

セロリやレモンといった野菜や果物は、朝食や昼食に大量にとらないようにして、日焼け止めをしっかり塗れば、食後に紫外線を浴びても、それほど問題はありません。もし、レモン入りの自家製野菜ジュースを作りたいなら、ソラレンが多く含まれているレモンの皮まで搾らないようにすればいいでしょう。また、紫外線対策には、飲む日焼け止めを合わせて使うのもおすすめです。
(解説:平田雅子)

日光を【全く浴びない】は避けるべき

シミを防ぐには、できるだけ日光を避けて紫外線を浴びないようにする。これは、今や誰でも知っている常識です。ところが、あまりにも日光を避けすぎると、かえってシミが増える場合があることをご存じでしょうか。そのキーワードとなるのがメラトニンです。

メラトニンは脳の松果体(しょうかたい)という器官から出るホルモンで、メラニン色素の生成を抑えてシミや日焼けを抑制し、美白を維持する働きもあると考えられています。

肌に日光が当たると、表皮の奥のメラノサイト(色素細胞)からメラニン色素が生成されます。実は、メラトニンには、このメラニン色素の代謝(体内の化学反応)を活発にする働きがあるのです。確かに、日光に当たりすぎると、メラニン色素は増えます。しかし、だからといって日光を全く浴びないと、体内の美白成分ともいえるメラトニンの働きを、十分に活用できなくなってしまうかもしれません。

メラトニンをうまく働かせるためには、朝起きたらすぐに部屋のカーテンを開け、朝の柔らかい光を浴びるようにしましょう。そして、昼間はこれまでどおり、日傘や帽子・日焼け止め化粧品などで、強い日光を避けるようにしてください。

ちなみに、メラトニンにはビタミンEの約2倍の抗酸化力があり、生活習慣病の予防にもいいとされています。朝の光浴びを習慣にして、メラトニン増やしを実践してみてはいかがでしょうか。

s_Fotolia_15865355_Subscription_Monthly_M.jpg

(解説:高須克弥)

【日焼け後】美白化粧品をすぐに使うのは禁物

日ごろ、日焼けをしないように気をつけていても、いろいろな理由で、日に焼けてしまうことはあります。そんなときは、すぐに美白化粧品を使いたくなるものです。しかし、それはするべきではありません。なぜなら、日焼けした直後に美白化粧品を使うと、かえって肌荒れを悪化させてしまうことがあるからです。

日焼けは、肌が軽くやけどをした状態。紫外線によって皮膚の組織が壊され、バリア機能も衰え、保湿作用が失われて乾燥しています。そのため、一番に必要なケアは、美白ではなく保湿なのです。

美白化粧品は、シミやクスミを取り、肌を白くすることを目的としています。そのため、普通の化粧品と比べて、皮膚への刺激が強いのです。日焼けして肌が弱った状態のときに美白化粧品を使うと、肌をさらに乾燥させて肌荒れを引き起こし、日焼けを悪化させてしまうこともあります。つまり、美白化粧品を使うのは、皮膚の修復が終わってからにすべきなのです。

日焼け後の肌ケア法は、とにかく「冷やす」ことと「保湿」です。日焼けした皮膚が熱を持ちつづけると、さらに時間をかけて皮膚の組織が破壊されていきます。それを食い止めるためには、冷やすことが重要。保湿力も失われてしまいますから、しっかりと保湿しながら冷やします。

日焼けした部分には、ワセリンなど保湿力の高い軟膏を塗り、最低でも30分は冷やします。保冷剤をタオルで包むか、なければ冷たいペットボトルなどでもいいので、ほてりが治まるまで冷やします。ほてりが治まった後も、ていねいに保湿し、皮膚を乾燥させないようにしましょう。

日焼けの程度にもよりますが、美白化粧品を使うとすれば、日焼けをしてから2週間後を目安にします。皮膚の赤みが消えて、カサつきがなくなってから使うようにしてください。

s_Fotolia_123447679_Subscription_Monthly_M.jpg

美白化粧品は、早く使えば効能があるというものではありません。また、多く使えばいいというものでもありません。使いすぎは肌荒れを引き起こしますから、指定された使用頻度と使用量を守りましょう。美白化粧品は、肌が健康な状態で、しっかり保湿しながら使うことで力を発揮することを、忘れないでください。
(解説:平田雅子)

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/©カラダネ © Fotolia

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう