1. ニュース&コラム
  2. こっそり教えて【もち麦、本当のところ】アラフォーの私に結局どういいの?

こっそり教えて【もち麦、本当のところ】アラフォーの私に結局どういいの?

解説カラダネ編集部

スローエイジングに目覚めたあなたへ。
今回は約1分で読める「もち麦、本当のところ」のお話です。

健康情報に敏感なあなたなら、もち麦はご存じのはず。コンビニおにぎりにもなって、今大ブーム。とはいえ、もち麦がなぜいいの??が、正確にはわからない人が多いのも事実。
ちなみに、もち麦はもち性の大麦のこと。例えば、お米にももち性とうるち性があり、普段食べるお米はうるち性のお米で、もち性はいわゆるもち米です。
もち麦のよさはたくさんありますが、スローエイジングを目指すアラフォー以降の方は、次のことを理解すれば大丈夫。

「腸内環境を整える」「内臓脂肪を減らす」可能性が……

もち麦には、水溶性食物繊維の一種であるβ-グルカンが含まれています。このβ-グルカンが腸内細菌を善玉菌優勢にするのに役立つと考えられます。
また、もち麦で内臓脂肪が減ったという実験結果もあることから、ダイエットにもおすすめです。今や、内臓脂肪はおなか太りばかりかシミやシワの重大原因にもなるとわかっているので(下の関連記事も参照)、美肌維持のためにも内臓脂肪減らしは肝心です。

もちろん、もち麦を食べると全員の内臓脂肪が必ず減るわけではありませんが、美味しいのでぜひ試していただきたいと思います。くわしくは下記の記事をご覧ください。

カラダネは大人の女性に「スローエイジング」を提案します。
スローエイジングは、若見えのテクニックや、無理な若返りを試みることではありません。
カラダの中から整えて、老化のスピードを遅らせることが目的です。

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/© Fotolia ©カラダネ

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう