1. ニュース&コラム
  2. 新事実!【見た目が若い人・老けた人】は「血管の老化度」で決まる?(国立大の研究で判明)

新事実!【見た目が若い人・老けた人】は「血管の老化度」で決まる?(国立大の研究で判明)

解説愛媛大学附属病院抗加齢・予防医療センター長
伊賀瀬道也

「見た目が1歳でも2歳でも若く見えたい…」「30歳なのに40代に見られるなんていや!」
そんな風に考えて、毎日鏡の前でスキンケアを必死に実践している人も多いと思います。

もちろんスキンケアも大切です。それに加えて、見た目の若さを保つために「体内の若さ」を保つことが重要とわかってきました。具体的にいうと、「血管の若さ」を保つことが秘訣です。

この点について研究されている愛媛大学大学院医学系研究科の特任教授で、抗加齢・予防医療センターのセンター長でもある、伊賀瀬道也先生に話をお聞きしました。

従来の常識「肌老化の原因のすべては紫外線にある」が一変した!

みなさんは不思議に思いませんか?
同じ年齢でも、顔にシミやシワが多くて「見た目が老けた人」もいれば、逆にシミやシワが少なくて「見た目が若々しい人」がいることを。

見た目は、やはり顔からの情報に左右されやすく、シミの面積やシワの数に左右されます。これまで、シミやシワといった肌老化の原因は、紫外線の影響が100%を占めるというのが医学界の常識でした。紫外線に対する肌ケアを怠った結果、肌の老化が進み、見た目が老けるというわけです。

ところが、私がセンター長をしている愛媛大学の抗加齢・予防医療センターでの研究の結果、意外な事実がわかりました。それは、「見た目の老化度(見た目年齢)は、血管の老化度(血管年齢)に比例する」ということです。
つまり、血管年齢が老化した人は見た目年齢も老けていて、反対に、血管年齢が若い人は見た目年齢も若いのです。

人は血管とともに老いる。見た目も血管とともに老いる

ここで、血管年齢について簡単に説明します。そもそも血管年齢とは、血管(動脈)の「硬さ」を示す指標です。
「人は血管とともに老いる」という言葉があるように、血管は実年齢とともに血管の壁が硬く変化し、厚みが増し、老化するのです。いわゆる動脈硬化です。

つまり、「血管年齢が高い=動脈硬化が進んでいる」ということになります。動脈硬化が進むと、高血圧や糖尿病はもちろん、心筋梗塞や脳梗塞といった、命にかかわる重大な病気になりやすい点はみなさんもご存じかと思います。

実はそれだけではなく、動脈硬化は見た目の老けとも深く関わっているのです。

273人を調べた研究で、見た目と血管の関係がわかった

上記の事実は、私たちが行った以下の研究でわかりました。

私たちは、血管年齢と見た目年齢の関係を調べるため、当センターの抗加齢皮膚ドックを受診した273人(女性187人、男性86人)の患者さんの顔写真をデジタルカメラで撮影し(女性はメイクを落とした状態で撮影)、その映像データをコンピューターに落とし込みました。

次に、その顔の映像を当センターの看護師20人に見てもらい、肌のキメやシミ、シワ、透明感、毛穴などの状態から何歳に見えるかを推定してもらい、その平均値を「見た目年齢」としました。そして、その平均値と273人の患者さんの血管年齢を照らし合わせてみたのです。
その結果、見た目年齢と血管年齢は深くかかわっており、血管年齢が高い人ほど、見た目年齢も高い傾向があることがはっきりしたのです。
s_見た目 グラフ.jpg
例えば、実年齢は93歳なのに見た目年齢が67歳と判定された人は、血管年齢も71歳と若く保たれていました。反対に、実年齢は62歳なのに見た目年齢が74歳と判定された人は、血管年齢も73歳と動脈硬化が進んでいたのです。

血管を若返らせたら、見た目が若返った

さらに、私たちが女性169人を対象に行った別の研究では、動脈硬化が進むほど、顔のシミの面積の合計が大きくなるとわかっています。この研究結果は、論文にまとめて学会に発表し、大きな反響を呼びました。
このように、血管の老化は病気を招くだけでなく、シミやシワを増やして見た目の老化も進める可能性があると、私たちの研究で次々に明らかになりました。

とはいえ、シミやシワといった肌老化は紫外線の影響が大きいことは間違いありません。シミに対する紫外線の影響の割合を7割とすれば、20〜30%は血管の老化が肌の老化に関与しているのではないか?……というのが、現時点で私たちがたどり着いた結論です。

でも、この結論を逆にいうと、血管年齢の若返りに成功できれば、シミやシワが減らせる可能性もあり、見た目の若返りもできることになります。

では、具体的にどうすればいいのでしょうか。
実は、私たちは見た目が老けた人に、血管を若返らせる治療や生活習慣の指導を行って、血管年齢と見た目年齢を同時に若返らせることに成功しています。何も難しいことはありません。適度な運動をしたり、食事で魚油をとったりすることで、血管をケアすれば、見た目も若返る可能性があるのです。

くわしいやり方については、別の記事で紹介します。

記事にあるセルフケア情報は安全性に配慮していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して医師にご相談ください。また、効果効能を保証するものではありません。

写真/© カラダネ © Fotolia

この記事が気に入ったらいいね!しよう