1. ニュース&コラム
  2. 股関節痛の人に最適な靴は?かかとの高さは1〜3センチの運動靴がベスト

股関節痛の人に最適な靴は?かかとの高さは1〜3センチの運動靴がベスト

解説清水整形外科クリニック院長
清水伸一 

股関節痛の人は、日常生活の中で股関節への負担を極力減らすことが重要です。特に靴はどのような靴を選べばいいのでしょうか。

整形外科専門医の清水伸一先生に話を聞きました。

靴の選択だけでなく、股関節痛の人は医師の治療を受けることが大切であることを忘れないでください。

当然ですが、クッション性のある靴底が肝です

股関節痛の人は、歩くときに股関節に知らず知らずのうちに重い負担をかけている場合が多く、歩く姿勢も不安定になります。
そのため、股関節への負担を軽くして転倒を防ぐため、靴選びにも十分気を配ってほしいと思います。

具体的には、かかとの高さが1〜3センチくらいで、歩くときの衝撃を吸収するクッション性のある靴底を備えた運動靴やウォーキングシューズがおすすめです。
このような靴だと、足を前に出しやすく歩幅も自然と広がります。靴底の硬い靴やハイヒールなどは、歩くときに股関節に衝撃が走り、重い負担をかけるため、さけてください。

左右の足で2センチ以上の差があれば中敷を入れよう

s_Hip arthralgia10.jpg

また、ひと口に運動靴といっても、ひも靴ではなく、マジックテープの靴がおすすめです。なぜなら、ひも靴は地面にしゃがみ込んで靴ひもを結ばなければならず、股関節を大きく曲げる必要があります。そうすると、強い負担がかかります。
その点、マジックテープなら短時間で靴を足に固定することができるからです。

そのほか、サイズは、爪先に指が動かせる程度の余裕があるサイズが適しています。
ちなみに、左右の足の長さに2センチ以上の差がある人は、長いほうの足の股関節に強い負担がかかります。
そのため、中敷き(インソール)を靴に入れて、足の長さが均等になるように調節することをおすすめします。

記事にあるセルフケアは安全性に配慮していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して医師にご相談ください。また、効果効能を保証するものではありません。

写真/© Fotolia ©カラダネ

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう