1. ニュース&コラム
  2. 【股関節痛が和らぐ階段昇降】昇るとき痛みのない足から。降りるとき痛む足から

【股関節痛が和らぐ階段昇降】昇るとき痛みのない足から。降りるとき痛む足から

解説清水整形外科クリニック院長
清水伸一 

股関節痛の人にとっては、階段の昇り降りは大変です。
平地を歩くよりも、股関節に大きな負担がかかるため、どうしても痛みが増しやすくなります。
でも、工夫次第では股関節への負担を極力減らす階段昇降ができるはず。

専門医に話を聞きました。

昇るときは痛みのない足から

階段を昇り降りするときは、特に股関節に強い負担がかかります。すると当然、痛みを感じるという人も出てきます。
そこで、股関節への負担が極力少ない昇り方と降り方を紹介しましょう。

まず、階段を昇るときには、痛みのない足から先に踏み出し、そのあとで痛む足を同じ段にそろえます。このように、一段ごとに両足をそろえて昇るようにしてください。
s_Hip arthralgia12.jpg

また、前かがみの姿勢を取り、手すりにつかまって痛みのない足でけり出すといいでしょう。そうすれば、勢いをつけて体を持ち上げられ、股関節への負担が少なく階段を昇ることができます。

降りるときは痛む足から

次に階段を降りるときについて。
s_Hip arthralgia13.jpg

階段を降りるときは、痛む足から先に踏み出し、あとから痛みのない足をそろえ、一段一段、両足をそろえて降りていきます。手すりにつかまり、股関節に負担がかからないように背すじを伸ばした姿勢でゆっくりと降りてください。

もちろん、上記のやり方で股関節痛が治ることはありませんが、負担を減らすことは股関節痛の改善に役立つはずです。
最後に、股関節痛の人は必ず整形外科の専門医に診てもらうことを忘れないでください。

記事にあるセルフケアは安全性に配慮していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して医師にご相談ください。また、効果効能を保証するものではありません。

写真/© Fotolia ©カラダネ

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう