1. ニュース&コラム
  2. 【やり方動画つき】ひざのモヤモヤ血管の消し方。ひざ痛改善に役立つ自宅での治療法【10秒指圧】を専門医が直伝

【やり方動画つき】ひざのモヤモヤ血管の消し方。ひざ痛改善に役立つ自宅での治療法【10秒指圧】を専門医が直伝

解説奥野クリニック院長
奥野祐次

ひざ痛をはじめ長引く痛みは、患部にモヤモヤ血管(もやもや血管)ができるためではないかと、いわれはじめています。
つまり、患部にできたモヤモヤ血管を消すことができれば、長引く痛みの解消に役立つというわけです。

モヤモヤ血管を確実に消すには、病院でカテーテル治療を受けることが重要です。
とはいえ、自宅で何かできることがないのか……あれば知りたい人もいらっしゃるでしょう。

この記事では、悩む人が多い「ひざ痛」にスポットを当てて、このモヤモヤ血管を自分で消すのに役立つ、いわば自宅での治療法「ひざ10秒指圧」のやり方を奥野祐次先生に解説していただきました。

一番下にカラダネ限定の「モヤモヤ血管!10秒指圧やり方動画」を用意しました。

なお、モヤモヤ血管についてはカラダネでくわしく特集しています。この記事の最後にある関連記事もご覧ください。

押すときの強さは、爪の先が白くなる程度を目安に

まず、最初に申し上げますが痛みがある場合は必ず専門の病院で診てもらうことが最重要です。そのことは絶対に守ってください。
特に急性の痛みの場合は、モヤモヤ血管以外の原因が考えられますので必ず医師の診療を受けてください。

そのうえで、長引くひざ痛の原因がモヤモヤ血管の可能性がある人は、ここで紹介する指で患部を押すひざ10秒指圧(押圧)を試してみましょう。

なぜ、この方法がいいのかというと、モヤモヤ血管は刺激に弱くもろいという性質があると考えられるためです。
そのため、指で圧迫する刺激をくり返すことでモヤモヤ血管が消える場合があり、痛みが引く人もいるのです。


ひざの痛みで最も多いのは「ひざの内側が痛い」という症状です。階段の昇り降りや正座がつらい、じっとしてもズキズキと痛むなど、ひざの内側の痛みは年齢に関係なく悩む人がおおぜいいます。

モヤモヤ血管がある場所は、押すと痛みを感じるため痛点と呼ばれます。この痛点を指で刺激するのです。痛点を1回10秒押すのが基本です。
押すときの強さは、爪の先が白くなる程度。
s_ひざ指圧 画像1.jpgひざの内側、外側、前側、裏側それぞれ痛む場所によって、下のやり方を参照してください。
ひざ全体が痛む人や、どこが痛いかわからない人は全部行ってみましょう。

ひざの内側が痛む場合

ひざの外側が痛む場合

ひざの前側が痛む場合

ひざの裏側が痛む場合

奥野祐次先生が監修!ひざ指圧のやり方動画

s_ひざ指圧.pngモヤモヤ血管のできた人が、ひざの10秒指圧を行なった人の実例集があります。下記をご覧ください。
記事にあるセルフケア情報は安全性に配慮していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して医師にご相談ください。また、効果効能を保証するものではありません。

写真・動画/©カラダネ

関連記事

出展: 表紙-6-206x280.jpg長引く痛みの重大原因のモヤモヤ血管について、奥野祐次先生がどこよりもくわしく解説されています。
ひざ・腰・肩・股関節などモヤモヤ血管が原因となるあらゆる痛みの自力改善法も掲載。

この記事が気に入ったらいいね!しよう