1. ニュース&コラム
  2. 【病院リストつき】モヤモヤ血管を減らし長引く痛みを消す【カテーテル治療】とは?費用は?全解説

【病院リストつき】モヤモヤ血管を減らし長引く痛みを消す【カテーテル治療】とは?費用は?全解説

解説奥野クリニック院長
奥野祐次

「スゴ腕の専門外来SP」「その原因、Xにあり!」など人気テレビ番組にも出演され、注目を浴びる運動器カテーテル治療の専門医、奥野祐次先生。
奥野祐次先生は、五十肩やひざ、腰などの長引く痛みの原因として「モヤモヤ血管」が関係していることを突き止めました。そして、運動器カテーテル治療でモヤモヤ血管を減らす治療をしています。

この記事では奥野祐次先生に、このカテーテル治療について話をお聞きしました。
モヤモヤ血管を消すカテーテル治療は、現在では複数の病院で実施されるようになっています。カラダネでは独自に取材し、モヤモヤ血管を減らすためのカテーテル治療を行う全国の病院リストを初めて公開します。

カテーテルなどで薬剤を投与しモヤモヤ血管を減らす

最初に申し上げますが、モヤモヤ血管を消して長引く痛みを解消するために大切なことは「自分自身が主治医になって痛みを克服しよう」と強く思うこと。

この記事で紹介する病院での治療も、みなさんが「医師に治してもらおう」というスタンスでは、免疫力(病気から体を守る力)も強くなりませんし治るものも治りません。
自分でモヤモヤ血管を減らす10秒指圧も行いつつ、医師といっしょにベストの治療法を選ぶようにしてください。

さて、本題です。モヤモヤ血管の治療法として病院では主に注射やカテーテル治療(後述)を行なっています。
カテーテルなどで特定の薬剤を「押すと痛む場所=モヤモヤ血管のある場所」に投与するだけです。すると、モヤモヤ血管は消えて数が減っていきます。
モヤモヤ血管を減らすのに有効な薬剤は、ステロイド製剤、ヒアルロン酸製剤、血管硬化剤などです。

注射は、治療法としては比較的簡単です。ところが、注射した薬剤の作用は正常な血管にも影響する場合があります。そこで、モヤモヤ血管だけを狙い撃ちする新療法として私はカテーテル治療を行っています。

small blood vessel/Catheter treatment.jpg
カテーテル治療は、極細のチューブを血管内に入れて治療する(写真はイメージです)

モヤモヤ血管を減らす運動器カテーテル治療の流れは?料金とは?

正式名称は「運動器カテーテル治療」といいます。運動器とは、関節や筋肉、腱など体を動かすための臓器の総称です。
カテーテル治療は、極細のチューブを動脈から挿入してモヤモヤ血管まで到達させます。
そして、先端から薬剤を投与します。するとその薬剤の働きでモヤモヤ血管は消えていくのです。

small blood vessel/doctor奥野祐次.jpgすると、モヤモヤ血管ができることで起こっていた炎症が抑えられ、痛みが徐々に引きます。
実際、この治療を受けた人の中には手術後すぐに上がらなかった腕が上がる人、ひざ痛が引いて正座ができるようになった人などがたくさんいます。

全身麻酔は必要なく1時間以内に終了します。そのため多くは日帰りが可能です。

運動器カテーテル治療の流れ

❶来院後、運動器カテーテル治療を受けるために着替えをして、点滴を始める

❷治療室に移動して、治療台に横になる

❸カテーテルが入る場所を消毒する(治療部位が上半身なら手首を、下半身なら足の付け根を消毒)

❹消毒した場所は局所麻酔をしてカテーテルを挿入。医師はもちろん、患者さんもモニターでモヤモヤ血管のある場所にカテーテルが届くのが見られる。

❺モヤモヤ血管を確認したら薬剤を注入しモヤモヤ血管が減ったことを確認。

❻カテーテル挿入部を10分圧迫し、その後1時間安静にしたあと異常が現れなければ日帰りで帰宅。

モヤモヤ血管を減らすカテーテル治療の治療料金

現状では、健康保険の適用ではない自由診療のため、治療費は通常よりも若干高額です。
とはいえ、長年の痛みが消える人が多く、高額でも大変喜ばれています。

これまで実施した治療のさいの料金の一例を紹介すると、重症の肩の痛み一箇所なら約27万円。
両ひざ痛の場合は約33万円です。
この料金は治療する部位やその数によって変わりますので、あくまでも目安と考えてください。

また、医療費控除の対象となる場合がありますので、管轄の税務署にご相談ください。

医療行為の区分としては、この治療は「手術」に当たります。
もし、医療保険に加入している人は給付金が受け取れる場合もありますので、ご確認ください。
small blood vessel/hospital.jpg
運動器カテーテル治療は全国の病院で実施されはじめた(写真はイメージです)

モヤモヤ血管を減らすカテーテル治療を受けたい。どこで受けられる?

モヤモヤ血管を減らすカテーテル治療は、2016年から少しずつ増えており全国に広がりつつあります。
とはいえまだまだ限られており、しかもひざや肩といった部位によっても治療できる病院が少し変わります。
ここでは、モヤモヤ血管を減らす運動器カテーテル治療を行う全国の病医院を紹介します(掲載許可/カラダネ編集部)。このリストを参考に、お近くの病院を訪ねてみてください。

モヤモヤ血管を減らすカテーテル治療を行う病院リスト(随時更新/編集部作成)

❶病院名 ❷住所 ❸電話番号 ❹どの部位の運動器カテーテル治療を行なっているか

(首都圏)
神奈川県
❶奥野クリニック(奥野祐次先生)
❷神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央36-6 ホテルアトラス2階
❸045-942-2701
❹肩、ひざ、腰をはじめ大半の運動器の痛みを治療中

埼玉県
❶防衛医科大学病院 放射線科
埼玉県所沢市並木3-2
❸04-2995-1511
❹肩

(中部圏)
愛知県
❶名古屋共立病院
❷名古屋市中川区法華1丁目172番地
❸052-362-5151
❹ひざ、肩、腰

(近畿圏)
京都府
❶洛和会丸太町病院 洛和会京都血管内治療センター(上田欽造先生)
京都市中京区七本松通丸太町上ル
❸075-801-0351
❹肩、ひざ、足関節、足底

大阪府
❶関西医科大学総合医療センター放射線科米虫〈こめむし〉敦先生)
❷大阪府守口市文園町10番15号
❸06-6992-1001
❹肩、ひじ、ひざ

和歌山県
和歌山県立医科大学付属病院放射線科生駒 顕先生)
和歌山県和歌山市紀三井寺811番地1
073-441-0605
❹肩

(中国・四国圏)
鳥取県
❶鳥取大学医学部付属病院放射線科(
大内泰文先生)
鳥取県米子市西町36番地1
❸0859-38-6632
❹肩、ひじ、股関節、ひざ(臨床研究のため実施中)

高知県
❶高知大学医学部付属病院放射線医学講座

高知県南国市岡豊町小蓮185−1
❸088-880-2367
❹ひざ、肩

(九州圏)
福岡県
❶久留米大学病院 放射線医学教室
福岡県久留米市旭町67
❸0942-31-7576
❹肩        

運動器カテーテル治療はまだまだ新しい治療法です。とはいえ、多くの病院に広まりつつあります。長引く痛みに悩んでいる人はぜひお近くの病院を訪ねてみてください(上記の病院リストの無断転載はお控えください)

記事にあるセルフケア情報は安全性に配慮していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して医師にご相談ください。また、効果効能を保証するものではありません。

写真/© Fotolia ©カラダネ

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう