1. ニュース&コラム
  2. テレビ番組でも大反響!「5秒腹筋」で即効おなかヤセ!夏を前に余分なぜい肉を解消しよう

テレビ番組でも大反響!「5秒腹筋」で即効おなかヤセ!夏を前に余分なぜい肉を解消しよう

解説パーソナルトレーナー・国士舘大学 特別研究員
松井薫

夏を目前にして、「冬に溜め込んだおなかのぜい肉をどうにかしたい」「二段腹やわき腹のタルミを解消したい」と考えている人も多いのではないでしょうか。

そんな人におすすめしたいのが、世界一受けたいダイエット法として今大人気の「5秒腹筋」。
テレビ番組であのスーパーアイドル、ニノも実践したことで話題になりました。

パーソナルトレーナーであり、国士舘大学の特別研究員でもある松井薫先生が考案した、2017年夏、最強のおなかヤセダイエット法です!
このダイエットの特徴は、とにかく簡単にできて、おなかがへこむこと。

今回は、カラダネを読者のみなさまだけに、5秒腹筋の基本のやり方の一部を特別にご紹介!
下の写真を見て、見よう見まねでかまいませんので実践してみてください!
おなかが鍛えられているのをすぐ実感できるはずです。

ちなみに、今回はカラダネサイト限定で、5秒腹筋の疑問にお答えするQ&A記事や、5秒腹筋を松井先生が動画で直接指導する記事も特別に掲載しています。下記をクリックして、ぜひご覧ください。

【5秒腹筋Q&A】しぼる感覚がつかめない?家事中でもできる?などのお悩みに松井先生が答えます!


【やり方動画つき】松井薫先生実演!おなかヤセ効果抜群の[5秒腹筋]


さらに、太もも・お尻・二の腕などの部分痩せダイエットの方法についてもご紹介!テレビ番組でも取り上げられた、松井先生独自のやり方です。お見逃しなく!
【松井薫先生の5秒トレーニング】太もも・お尻・二の腕の部分痩せダイエット

また、5秒腹筋・5秒トレーニングについて、どこよりもくわしく特集した新刊本「5秒腹筋 おなかヤセ速ダイエット」が、2017年11月13日(月)より全国書店・大型電子書店で発売になります。こちらも、ぜひ手にとってお読みください。
「5秒腹筋 おなかヤセ速ダイエット」の事前予約・ご購入は、以下のサイトからも可能です。
※クリックすると、販売ページにジャンプします。
Amazon
楽天ブックス

5秒腹筋の開発秘話をこっそり

5秒腹筋の基本姿勢・基本のやり方を説明する前に、開発に至ったその経緯について、少しだけお話させてください。

私が5秒腹筋をおなかヤセの運動としておすすめするのは、子供時代の間違った運動法によって、長年ケガに悩まされた私自身の経験がベースになっています。

幼少期から野球と柔道に夢中だった私は、生粋のスポーツ少年でした。しかし、当時は正しい運動法や筋トレのやり方が確立されておらず、過酷な運動法によって、体を傷めることが多かったのです。

例えば、30年ほど前まで盛んに行われていたウサギ跳びは、足腰の関節を傷めることが医学的にもわかっているため、現在ではほとんど行われていません。

私もウサギ跳びをはじめとする間違った運動法のせいか、12歳で腰椎(背骨の腰の部分)の椎間板ヘルニアと、腰椎すべり症を患いました。
ヘルニアは治ったものの、すべり症はいまだに完治していません。

そうした苦しい経験によって、「運動が健康づくりにいかに役立つとしても、体への負担が大きい間違った運動法では本末転倒だ」と思った私は、体を安全に鍛えられ、健康づくりに役立つ正しい運動法について、自分自身で勉強しようと考えました。

正しい運動のやり方を身につけて、それをたくさんの人に広めることで、自分のような苦しい経験をする人が少なくなってほしい、健康になる人が増えてほしいと思ったのです。

5秒腹筋は、「安全かつダイエット効果の大きい運動を行ってほしい」という、私の強い思いが開発のきっかけになっています。

みなさんも今すぐ5秒腹筋を実践してその安全性と確かな効果を実感してください。

基本の5秒腹筋(二段腹の解消に)

5秒腹筋のやり方は、二段腹を解消する方法以外にも、
わき腹のたるみを解消する5秒腹筋
太鼓腹を解消する5秒腹筋
などがあります。

それぞれのやり方を会得するには、深ーいコツを知る必要があります。
ぜひ「KiYoRa(キヨラ)」でご確認ください!

記事にあるセルフケア情報は安全性に配慮していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して医師にご相談ください。また、効果効能を保証するものではありません。

写真/©カラダネ

関連記事

出典:5秒腹筋 おなかヤセ 速ダイエット(わかさ夢ムック)

電子書籍をご希望の方はAmazonでKindle版(発売日以降)がご購入できます
611i2qSF1ML._SX366_BO1,204,203,200_.jpg

この記事が気に入ったらいいね!しよう