1. ニュース&コラム
  2. 他人ごとではない、子宮筋腫対策。まずは【骨盤温活】がおすすめ

他人ごとではない、子宮筋腫対策。まずは【骨盤温活】がおすすめ

解説カラダネ編集部

スローエイジングに目覚めたあなたへ。
今回は約1分で読める「女性全員が知るべき子宮筋腫対策」のお話です。

子宮筋腫ではない方も、お悩みの方に少しでも参考になるとうれしいので、シェアしていただけると助かります。とはいえ、女性全体の3~4割の人に見つかるという子宮筋腫。40代以上なら知っていて損はありません。

月経異常や不正出血、腹痛の原因を専門医に診てもらったら子宮筋腫だったという話、よく聞きませんか?子宮筋腫は子宮にできるコブのような腫瘍で、特に強い症状がなければ経過観察が一般的とされます。とはいえ、症状が強く出たりする人は治療が必要ですし、筋腫がある人はこれ以上大きくしたくないと考えるのがふつうです。不調を抱えた状態は老けを早めますから、できることから始めましょう。子宮筋腫対策の生活法はこちら↓

「骨盤温活」生活、始めませんか?

医師の川嶋朗先生は、子宮筋腫はもちろん子宮頸部異形成の人にも、対策法として体を温める「温活」を推奨しています。実は、子宮筋腫などの原因ははっきりわかっていないそうですが、川嶋先生は体が冷えた人に発症しやすいといいます(川嶋先生のように冷えを指摘する医師はほかにもいます)。
そこで、温める温活で骨盤内の血流をよくしたり、骨盤内に酸素を十分に送ったりすることが対策になります。まずは38〜39度Cの湯に30分間つかる温活入浴法から始めませんか?そして、これから季節的に寒くなるので冷え対策を忘れないでください。くわしくは、下記の記事をご覧ください。
もちろん、子宮筋腫などがある人は専門医の治療を受けることが最重要である点は忘れないでください。

>> 1分で老化防止に役立つ情報が満載!スローエイジング1min講座はこちら <<
シミ / シワ / たるみ / くすみ / ほうれい線 / 老け顔 / ニキビ
ダイエット / おなかヤセ / 美脚 / / 肩こり / 目の悩み
ハンドケア / 便秘 / 頻尿 / 若返りホルモン / 女性ホルモン
生理の悩み / 更年期障害 / 冷え / 疲れ / 睡眠
ミニマリストのセルフケア日和 / きれいになる漢方

カラダネは大人の女性に「スローエイジング」を提案します。
スローエイジングは、若見えのテクニックや、無理な若返りを試みることではありません。
カラダの中から整えて、老化のスピードを遅らせることが目的です。

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/© Fotolia ©カラダネ

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう