1. PR
  2. プロテイン食品の中でもサチャインチ由来がおすすめの理由。オメガ3脂肪酸がたっぷりとれる!

プロテイン食品の中でもサチャインチ由来がおすすめの理由。オメガ3脂肪酸がたっぷりとれる!

解説カラダネ編集部

プロテイン食品(たんぱく質)というと、「大豆」が原料のもの、牛乳やヨーグルトに含まれる「ホエイ」が原料のものが大半。ところが最近では、「サチャインチ」という植物が原料の全く新しいプロテインパウダーが開発され、注目を集めています。

サチャインチという言葉、初めて聞く人もいらっしゃるのではないでしょうか。南米大陸のペルー共和国が原産の植物で、その実の中の種子がスーパーフードとして注目を集めています。

いったい、どんな食品なのでしょうか。

サチャインチとは何か

サチャインチの原産国であるペルーというと、みなさんはどんな印象をお持ちでしょうか。
ペルーで有名なのは、マチュピチュ(写真)やクスコ市街といった世界遺産。実はこうした世界遺産があるのは、巨大帝国「インカ」が存在していたからです。
s_Fotolia_187617581_Subscription_Monthly_M.jpg
インカ帝国は、高度な文明を築いた国として知られ、その文明の発展の一翼を担ったのがサチャインチといわれています。サチャインチは、「インカの宝石」と重宝され、古くからその星型の実の中の種子が食用とされてきました(下の写真参照)。
そして、近年になって研究が進み、大変優れた栄養素が含まれているとわかってきたのです。

優れた栄養素については後述しますが、これまでのプロテイン食品とは含まれている栄養素が違うことから、健康情報に敏感な人の間でサチャインチのプロテインが注目を浴びているのです。 

サチャインチにはオメガ3脂肪酸が豊富

s_P39サチャインチ.JPG
サチャインチ(写真は実。星型をしている)に含まれる栄養で、最も注目すべきはオメガ3脂肪酸です。
オメガ3脂肪酸について説明するときは、私たちが毎日とっているオメガ6脂肪酸についてふれる必要があります。

オメガ6脂肪酸(リノール酸)は、サラダ油など一般的な食用油に含まれている脂肪酸の種類です。
実は、このオメガ6脂肪酸をとりすぎると体内でドロドロ化が進み、さまざまな病気を招く可能性があるとわかってきました。

逆にオメガ3脂肪酸は、めぐりをサラサラにする作用があるとされており、内側からスッキリするのを助ける働きがあると報告されています。
そのためダイエッターや健康維持に敏感な人の間で、オメガ3脂肪酸は注目を浴びています。実際にサチャインチプロテインでスッキリシルエットをめざす人が増えているのです。

ただし、誤解していただきたくないのは、オメガ6脂肪酸はとりすぎが問題になるということ。オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸はとる量のバランスが重要なのです。私たちは現状、オメガ6脂肪酸を食事でたくさんとる環境にあるため、サチャインチが原料のプロテインを上手に利用することで、中高年に必要なプロテインとオメガ3脂肪酸を同時に効率よく体内へ補給できるわけです。

良質なプロテイン(たんぱく質)とオメガ3脂肪酸を同時にとれるのが、サチャインチプロテインの最大のメリットです。
さらに、食物繊維やビタミンEもサチャインチには多く、それらも同時にたっぷりとれます。
 

まるできな粉のような自然な甘さ

サチャインチのプロテイン食品が注目を浴びる理由としてもう一つは、おいしいこと。
プロテイン食品についてくわしい健康管理士の安井久登さんは、次のように話します。

「プロテインにはいろいろな商品がありますが、実をいうと、おいしいといえるものは多くないと思います。ところが、このサチャインチのプロテインは香ばしいきな粉のような自然の甘さがあり、毎日飲みたいと思う人も多いはずです。
やはり、食品でおいしいことはとても大切。おいしくないと長続きしにくいからです。私も、サチャインチプロテインをよく飲んでいます」

サチャインチプロテインは、無農薬で栽培されたサチャインチを原料とし、製造過程でも添加物は含まれていません。プロテイン食品の中には、乳化剤・着色料入りのものも多くあります。
サチャインチの場合は、風味のバランスがよく添加物を加える必要がないそうです。余計なものが含まれていないのは、体にとってはうれしい点ではないでしょうか。
s_DSC_1358.JPG

【コラム】健康維持に役立つだけでなく地球環境の保護にも役立つ
サチャインチのプロテインを私たちが利用することは、健康維持に役立つばかりか別の意味もあります。みなさんは「サステイナブル」という言葉をご存じですか?
サステイナブルとは、地球環境を保護しながら行う持続可能な開発のことをいい、サチャインチはペルーにとってのサステイナブルな社会づくりに役立っています。私たちがサチャインチを利用することは、地球環境の保護にも役立つとされ、社会的な意義が大きいのです

さらに8つのスーパーフードが入っている

ここで紹介するサチャインチプロテインには、さらに特徴があります。それは、南米アマゾン原産のスーパーフードが8種もブレンドされていること。順番に紹介しましょう。

s_protein2.jpg
●マカ
南米のアンデスの高地で約2000年前から栽培される根菜。日本では元気な体をめざすために活用される場合が多い。最近では、女性らしさや男性らしさを追求する人に人気。

s_protein3.jpg
●キヌア
アンデス地方原産の穀物。たんぱく質は玄米の2倍、鉄分やカルシウムは5倍も多いとされるスーパー雑穀として日本でも人気がある。

s_protein4.jpg
●ヤーコン
アンデス原産の根菜で、梨のような甘さの秘密はオリゴ糖が多いため。オリゴ糖の王様と呼ばれることもあり、日本でも栽培が始まっている。

s_protein5.jpg
●カムカム
ビタミンCが世界一多い果実として知られる。先住民の時代から肌荒れや風邪の予防に使われた歴史がある。ジュースにしたり乾燥させて食べたりされている。

s_protein6.jpg
●ステビア
キク科の多年草で、天然の甘味料として有名。含有成分にはサラサラにする働きがあるとされ注目の的。

s_protein7.jpg
●ルクマ
ペルー原産の果物。甘味が強いものの糖質は低いことから、健康的な甘味料として粉末などで食されることがある。

s_protein8.jpg
●メスキート
マメ科の植物で、マメや鞘を乾燥させて粉末状にして食べられてきた。カルシウムやマグネシウムも豊富。

s_protein9.jpg
●パープルコーン
ペルーでは一般的な、紫色のトウモロコシ。赤ワインよりも多いとされるポリフェノールが特徴。

【コラム】南米アマゾンの食品に注目が集まる理由
世界一の河川、世界一の熱帯雨林、南北に延びるアンデス山脈という独特の地形から、古代インカ帝国が栄えたこの地は高栄養食品の宝庫といわれてきた。食品の機能性についての研究が進んだことで、多くの食品が「スーパーフード」として見直されており、健康維持を目的に世界各国の人が食べはじめている。

サチャインチプロテインの飲み方

最後にサチャインチプロテインの飲み方を紹介しましょう。粉末状のため、基本は水や牛乳に溶かして飲みます。
s_protein10.jpg
①シェイカー(攪拌容器)に牛乳か水を100ミリリットル入れる。その後に付属のスプーンですり切り1杯の粉末を入れる。

②シェイカーに牛乳か水100ミリリットルを入れて、シェイカーをよく振って混ぜる。
③サチャインチプロテインが十分に溶けたら、コップに注いで飲む。 

プロテイン食品というと運動後30分以内に飲むことをすすめられますが、健康維持が目的の場合は、例えば朝食時に飲んでもいいでしょう。また、ダイエット中の人は朝食や夕食の量を少し減らし、代わりにとってみてはいかがでしょう。

最後にサチャインチプロテインは、あくまでも食品であり薬ではありません。毎日の食事の中で上手に利用して健康維持に役立ててください。

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/© Fotolia ©カラダネ

おすすめのサチャインチプロテイン食品は?

今回、カラダネで紹介しているサチャインチのプロテイン(写真参照)は、大手デパートやスポーツ用品店で販売されはじめています。
s_protein11.jpgサチャインチに加えて、南米のスーパーフードがたっぷり入っており大変おすすめです。全国でも順次販売される予定です。
問い合せ先:研光通商株式会社
電話:03-6820-8086

首都圏のスポーツ用品店「トレーニングピット」などでも販売されていますので、お近くにお住いの方は実際に手に取ってみてはいかがでしょう。

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう