1. ニュース&コラム
  2. 食べ過ぎても太らない究極のダイエット法!? 食前【手のひらつねり】

食べ過ぎても太らない究極のダイエット法!? 食前【手のひらつねり】

解説カラダネ編集部

スローエイジングに目覚めたあなたへ。
今回は約1分で読める「手のひらをつねって食欲抑制」のお話です。


tsunerudiet-is1.png
tsunerudiet-is2.png
s_食前手のひらつねりins3.png
s_食前手のひらつねりins4.png
イベントが多いこれからの時期、気をつけたいのが体型の維持。でも、ごちそうも我慢したくない。そんなワガママなあなたに贈る満腹になるまで食べて、なおかつヤセるというなんとも都合のいいダイエット法。それがこちら。

食前に手のひらをつねるだけで食欲がシュンとおさまる


「痛みで食欲を抑えるってこと?うん!原始的!」と思ったあなた。それは違います。ちゃんと食欲を減退させる仕組みがあるようです。つねる部分は、胃・脾・大腸区という「食べたい!飲みたい!」という脳の欲求を抑える作用が期待できる3つのツボ。胃腸の働きを整え、消化吸収をスムーズにして、体内の臓器の働きが活発になって代謝も上がり、脂肪が燃えやすくなるとか。

早速やり方を紹介しましょう。下の右手の写真を見てください。生命線の右横の囲み部分に3つのツボがあります。食事の10分くらい前に、左手の人さし指と親指で、この部分の肉を約1センチつまんで、「ちょっと痛い」と感じるくらいにつねるだけ。

572f1ac833eeab954f852290b57f83fd36a327aa.jpg

指の股から手首に向かって、つねる部分を上から下へと生命線に沿って移動させながら1分くらいつまんでいきます。

db55e736d7a3090af7900e0c31d8125ad9b64782.jpg

右手が終わったら、左手も行ってください。これだけで10分後には食欲がスッと収まっているはず!キレイなあなたのまま、平成最後の冬を乗り切りましょう!
もちろん、このやり方が誰にも当てはまることはありません。また、それでも食べ過ぎてしまう人は、やっぱり食べる量を自分自身で抑えなければいけませんよ……。
くわしくは、なかのう鍼灸接骨院の中納正樹先生の解説をご覧ください。


>> 1分で老化防止に役立つ情報が満載!スローエイジング1min講座はこちら <<
シミ / シワ / たるみ / くすみ / ほうれい線 / 老け顔 / ニキビ
ダイエット / おなかヤセ / 美脚 / / 肩こり / 目の悩み
ハンドケア / 便秘 / 頻尿 / 若返りホルモン / 女性ホルモン
生理の悩み / 更年期障害 / 冷え / 疲れ / 睡眠
ミニマリストのセルフケア日和 / きれいになる漢方

カラダネは大人の女性に「スローエイジング」を提案します。
スローエイジングは、若見えのテクニックや、無理な若返りを試みることではありません。
カラダの中から整えて、老化のスピードを遅らせることが目的です。

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/© Fotolia ©カラダネ

この記事が気に入ったらいいね!しよう