1. ニュース&コラム
  2. 昭和50年の食事で老化に急ブレーキを。国立大准教授が推奨

昭和50年の食事で老化に急ブレーキを。国立大准教授が推奨

解説カラダネ編集部

スローエイジングに目覚めたあなたへ。
今回は約1分で読める「昭和50年の食事」のお話です。


年齢を重ねるにつれて、「若見えの人」「老け見えの人」の差が加速する理由、やはり日々の食事の影響大です。そこで、老け見えの人はここで紹介する食事で脱出を試みませんか?なんと、東北大学大学院での研究で、老化のスピードを遅くするのでは?とわかった食事法はこちら↓

栄養バランスが理想的!「昭和50年食」がおすすめ

写真をご覧ください。これは、試験でのマウスの毛並みの変化ですが左右で全く違います。
s_昭和50年食.jpg
左が現代食を食べたマウスで右が昭和50年食を食べたマウス。右は、ツヤツヤ毛並みで若見えなのがわかります。これ、人間にも当てはまるそうです。
昭和50年食とは、その名の通り昭和50年前後(1975年前後)に日本でよく食べられていた食事のことで、たんぱく質・脂質・炭水化物がそれぞれ1320%、2030%、5065%と理想的な割合でとれるのが利点だと、研究した東北大学大学院准教授の都築毅先生は話します。新陳代謝を正常に近づけたり、内臓脂肪の蓄積を防いだりして、老化に急ブレーキをかけると考えられます。
ちなみに、昭和50年食は以下の7つがポイントです。
①豆類を多くとる、②1日1〜2個の卵を食べる、③海藻類を多くとる、④味噌汁を1日2杯飲む、⑤魚は毎日・肉は1日おきに食べる、⑥調理法は「煮る」を最優先する、⑦食後に果物を食べる

都築先生は白髪や抜け毛の予防に役立つ可能性を指摘しており、「健康作用が大きく、老化を遅らせ、長寿をもたらす」と下記の記事で解説されてます。

カラダネは大人の女性に「スローエイジング」を提案します。
スローエイジングは、若見えのテクニックや、無理な若返りを試みることではありません。
カラダの中から整えて、老化のスピードを遅らせることが目的です。

記事にあるセルフケア情報は安全性に配慮していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して医師にご相談ください。また、効果効能を保証するものではありません。

写真/©カラダネ

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう