1. ニュース&コラム
  2. 【動画つき】耳鳴り・難聴を改善したい人に「1分腎さすり」がおすすめ

【動画つき】耳鳴り・難聴を改善したい人に「1分腎さすり」がおすすめ

解説わかさ夢ムック編集部

発売中のわかさ夢ムック『耳鳴り・難聴・めまいがスッと軽くなった!新聴力アップ法 頭皮ヨガ』。
この本は、高音型・低音型の耳鳴り、突発性難聴、加齢性難聴、耳管開放症、メニエール病、頭位めまい症といった耳の病気・症状で悩む人におすすめのセルフケアが満載です。

この記事では、本の中で紹介されている「1分腎さすり」のやり方動画を公開します。

1分腎さすりのやり方は?

やり方は簡単です。まず動画をご覧ください。

いかがでしょうか。中には、1カ月ほどで聞こえがよくなる人が多いので、ぜひ毎日続けてみてください。

1分腎さすりで耳トラブルが改善するのはなぜ?

東洋医学では、腎臓は耳と密接につながっており、互いに影響を及ぼすと考えられています。つまり、腎臓が衰えると耳トラブルを引き起こしやすくなるのです。実際、オーストラリアのある研究によると、腎臓病の人の54%が難聴を併発していたといいます。

また、めまいやメニエール病を招く重大原因の一つには、「内耳のむくみ」あるのではないかと考えている耳鼻科医もいます。
東洋医学でも腎臓が衰えた状態を「腎虚(じんきょ)」といい、腎虚に陥ると全身がむくみやすくなると考えられており、むくみが内耳に生じることでめまいが起こるのです。

東洋医学に精通した治療家である福辻鋭記先生によると、腎虚を正して耳鳴り・難聴・めまいを改善に導くには、腎臓にある「腎愈(じんゆ)」「京門(きょうもん)」「志室(ししつ)」という3つのツボを刺激するといいそうです。

ただ、治療家でないとツボ刺激はなかなか作用に結びつきません。その点、1分腎さすりなら、一般の人でもツボを効率よく刺激することができます。

福辻先生は患者さんに腎さすりをすすめていますが、早い人なら1カ月以内に変化が現れるそうです。3カ月後、6カ月後で変化が現れる人もいるので、継続的に行うといいでしょう。
もちろん、耳鳴り・難聴で悩んでいる方は、耳鼻科で専門医の治療を受けることが大前提です。そのうえで、セルフケアの一環として腎さすりを試してみてください。

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。


写真/©カラダネ © Fotolia

関連記事

出典:わかさ夢ムック66『耳鳴り・難聴・めまいがスッと軽くなった!新聴力アップ法 頭皮ヨガ』。
電子書籍をご希望の方はAmazonでKindle版(発売日以降)が購入できます。

耳鳴り・難聴・めまいで悩む人に試していただきたいセルフケアが満載のムックです。
自力克服法から病院での治療法まで、必見の改善法を一挙公開。

s_mook_66.jpg

くわしい内容は、わかさ出版のホームページをご覧ください。

定価830円+税

この記事が気に入ったらいいね!しよう