1. ニュース&コラム
  2. 手指がしびれ、物も握れない【手根管症候群】は「手の甲さすり」でよくなる!【動画つき】

手指がしびれ、物も握れない【手根管症候群】は「手の甲さすり」でよくなる!【動画つき】

解説札幌スポーツ&ケア治療室代表
清水 真

手根管症候群の手根管とは、手首の手のひら側にある骨と靭帯(骨と骨をつなぐ丈夫な線維組織)に囲まれたトンネル状の空間のこと。
この中には神経と指を曲げるためのが通っています。そして、手首を酷使する動作により、手根管がゆがんだりつぶれたりすると、神経が圧迫されて痛みやしびれが生じます。

これが手根管症候群です。

この記事では、手根管症候群の方にぜひ実践していただきたい筋膜リリース「手の甲さすり」を紹介します。また、手の指や手首の痛みが筋膜リリースで改善されるしくみについては、関連記事をご覧ください。

また、症状については必ず整形外科の専門医に一度診てもらうことが重要です。そのうえで、セルフケアを実践してみてください。

手首から先をさするのがコツ

手根管症候群の症状を和らげる筋膜リリース、ここでは特に手の甲をさするやり方を紹介します。まずは、用意するものがあります。

●用意するもの

バターナイフ…縁の部分が角ばっておらず、皮膚を傷つける心配のない丸みをおびたもの。
クリーム…ワセリンやボディオイル、ココナツオイルなど、普段使っているものでかまいません。クリームは、まずは腕に塗って、すべりをよくしてください。

●手根管症候群を改善するやり方
s_Tenosynovitis Spring fingers11.jpg
❶手首から手の甲までをバターナイフでさする。慣れてきたら、手首を動かしながらさする(10〜20回)。


s_Tenosynovitis Spring fingers12.jpg
❷手首から手のひらまでをバターナイフでさする。慣れてきたら、手首を動かしながらさする(10〜20回)。

やり方を解説した動画もありますので、ぜひご覧ください(なお動画内では「バターナイフ健康法」となっていますが、やり方は同じです)。

手根管症候群が改善し、薬も手放せた

実際に手の甲さすりを試した手根管症候群の人の例を紹介します。

北川陽子さん(仮名・60代)は、手首の痛みと指先のしびれを訴えて、私の治療室を訪れました。特に手首は重症で、中心にビーンと体に響くような鈍痛があるというのです。
北川さんはクリーニング店でパートをしており、仕事中はずっと手首を使うとのこと。忙しくなると、手首痛だけでなく指先のしびれにまで及んでしまいます。

北川さんのような、手首痛や指先のしびれを招く代表的な病気が、手根管症候群です。北川さんは、病院で処方された鎮痛薬やビタミン剤を飲んでいましたが、症状はなかなか改善せず、手に力が入らないので食器を落としたり、を持つのも苦痛になったりしたといいます。

北川さんには施術に加えて、仕事中でもできる手の甲さすりを指導しました。いくら施術をして痛みが取れても、仕事をすると手首に負担をかけて痛みが出てしまうからです。
北川さんは自宅だけではなく職場にもバターナイフとクリームを持参して、休憩中に手の甲さすりを行ったといいます。

北川さんの場合は、その後は手首の痛みが軽くなり、3週間で手首の痛みがほぼ消えて鎮痛薬が不要になりました。手首の痛みがなくなると、手だけでなく腕もスムーズに動かせるようになり、仕事がテキパキとこなせるようになりました。

そうした北川さんの変化を目の当たりにした同僚にも手の甲さすりが広まり、休憩時間には仕事仲間全員が手根管症候群の予防やリハビリのために、手の甲さすりを行っているそうです。

・記事にあるセルフケアは安全性に配慮していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して医師にご相談ください。また、効果効能を保証するものではありません。
・この記事は健康情報誌『わかさ』で2017年に紹介されたものをウェブ用に再編集したものです。

写真/© Fotolia ©カラダネ

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう