酢タマネギレシピ【サバのアーモンド焼き】食後血糖値を気にする人に

解説カラダネ編集部

酢タマネギを揚げ焼きしたサバにあえるという、簡単レシピ。南蛮漬け的な味を想像していただいていいのですが、ポイントはアーモンドです。
とにかく香ばしくておいしくなるので、今度から何か揚げるときは全部アーモンドスライスをまぶしたくなりました。

アーモンドは、糖の吸収を抑え食後高血糖を防ぐのに役立つといわれています。レシピの紹介の前に酢タマネギがない方はまずは下の囲みを参照にご用意を。

〜酢タマネギの作り方〜
①保存容器として密閉できる広口ビンを用意し、きれいに洗って水けを切っておく。
②タマネギ中3個(約750グラム)をスライスして保存容器に入れ、酢400ミリリットルをタマネギ全体がひたるまで注ぐ。このとき、好みで大さじ1配分のはちみつを少量の湯でといて入れる。
③冷蔵庫に入れて5日ほど漬ければ食べごろ。2週間程度で食べきるようにする。
揚げた魚と酢タマネギは、鉄板の組み合わせ

【材料(2人分)】
酢タマネギ…100グラム
塩サバ…1枚(半身)
塩・コショウ…各少々
アーモンドスライス(ロースト)…適量
オリーブ油…適量
ミニトマト…適量
Ⓐ溶き卵…1/2個分、小麦粉…大さじ4

【作り方】
 サバは骨を除いてそぎ切りにし、ペーパータオルで水けを取り、塩・コショウを振る。
 ①に小麦粉(分量外)をまぶし、Ⓐにくぐらせてアーモンドスライスをまぶし、多めのオリーブ油で揚げ焼きする。
 焼けたら、油をしっかり切ってからひと口大に切り、酢タマネギ、半分に切ったミニトマトとともに器に盛る。

とにかく、揚げた魚と酢はピッタリですね。

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/©カラダネ

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう