1. レシピ
  2. 夏バテ知らずを目指す人へ!医師も食べてる【酢黒豆】の作り方

夏バテ知らずを目指す人へ!医師も食べてる【酢黒豆】の作り方

解説カラダネ編集部

みなさんは、ご家庭で「酢黒豆」という食品を食べたことがあるでしょうか。酢黒豆を食べたことがなくても、「酢大豆」は知っている!食べたことがある!という人はいるかもしれません。

酢黒豆は、酢大豆を作るさいに用いる黄大豆とは違って、黒豆で作ります。そのため、黒い皮の部分にたっぷり含まれる色素成分のアントシアニンやメラノイジンがたっぷりとれるのです。
アントシアニンやメラノイジンは、健康維持に役立つ成分としてご存じの人もいらっしゃるかもしれません。

酢をたっぷり含んだ黒豆は、夏バテ予防に断然おすすめ。また、酢と黒豆の相乗作用で、高血圧や高血糖を気にする人にも断然おすすめです。実際に医師の中でも酢黒豆を食べている人がおり、健康情報誌『夢21』の中で、その医師はふだんから酢黒豆を食べることで健康が保てていると話しています。
また、調理を工夫することにより、いろいろな食べ方もできます。

「酢黒豆」をぜひ健康維持のために常食しませんか?
●材料(2人分)
黒豆…容器の3分の1の量が目安、酢…穀物酢・米酢・黒酢・リンゴ酢など好みの酢を使う

●作り方

❶豆をザルにあけてよく水洗いし、乾かして水気を切る。
❷黒豆を焦がさないように、香ばしくなるまでから煎りする。
❸保存容器に黒豆を入れ、黒豆全体がひたるように酢を注ぐ。
❹冷蔵庫や冷暗所に1日置くと黒豆が酢を吸うので、さらに酢を継ぎ足して数日寝かせる。

もちろん、体に不調がある人は病院へ行き、専門医に診てもらうことが何より重要です。そのうえで、酢黒豆を毎日の食事の中に取り入れてみてください。

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/©カラダネ

この記事が気に入ったらいいね!しよう