1. レシピ
  2. 動脈硬化を気にする人におすすめ【キャベツと豚バラ肉のレモン蒸し】

動脈硬化を気にする人におすすめ【キャベツと豚バラ肉のレモン蒸し】

解説カラダネ編集部

キャベツなどのアブラナ科の野菜は血液を浄化し、動脈硬化の予防に役立つのではないかと考えられています。具体的に、アブラナ科の野菜には、イソチオシイアネートという特有の辛味成分による血栓防止作用が確認されているといいます。

また、色素成分のβ-カロテンには強力な抗酸化作用があり、体内の過剰な活性酸素(攻撃力の強い酸素)を除去することで血液を浄化し、動脈硬化などを防ぐのではないかと考えられます。そのほか、食物繊維やビタミン類も豊富です。

豚バラ肉は比較的たんぱく質が少なく、ゆでることで脂肪を減らして食べられます。
「キャベツと豚バラ肉のレモン蒸し」ぜひ、お試しください。

●材料(2人分)
キャベツ160グラム、豚バラ肉40グラム、レモン1/2個

●作り方
❶レモンを3ミリ幅の輪切りにしてから4等分する。
❷キャベツと豚バラ肉をそれぞれひと口大に切ったら、沸騰した湯で1分ほどゆでる(カリウムや脂肪を落とすため)。
❸❶と❷を耐熱容器に入れたら、ラップをして電子レンジで2分加熱する。

もちろん、これを食べたからといって血液が確実にきれいになるわけではありません。ほかの食事にも気をつける、適度な運動をするなどを忘れずにお願いします。

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/©カラダネ

この記事が気に入ったらいいね!しよう