1. レシピ
  2. ご飯(ライス)を食べ過ぎてしまう人に|「コンニャク入り炊き込みご飯」レシピ

ご飯(ライス)を食べ過ぎてしまう人に|「コンニャク入り炊き込みご飯」レシピ

解説カラダネ編集部

コンニャクに含まれるグルコマンナンという食物繊維には、糖尿病やアルツハイマーの重大原因にもなるとされる食後高血糖を防いだり、血管の健康を損なう高コレステロールを防ぐ働きが期待できるそうです。

お米をつい食べ過ぎてしまう人は、ぜひコンニャクとご飯をいっしょに食べてみませんか?
コンニャクといっしょに炊くことで、ライスの量を減らせます。

また、食事のさいはまずは野菜から食べることをおすすめします。米類を最初に食べると、食後高血糖を招きやすいとされるからです。
「コンニャク入り炊き込みご飯」はオススメですが、これを食べたからといって必ず健康になれるわけではありませんので、その点はご理解ください。

●材料(2人分)
白米2合(洗ってザルにあげておく)、コンニャク150グラム(下ゆでし1センチ角にちぎる)、豚バラ薄切り肉200グラム(2センチ幅に切る)、ショウガ1片(みじん切り)、シメジ120㌘(石突きを除き小房に分ける)、ニンジン100グラム(細切り)、カレー粉小さじ2、かつおだし360ミリリットル、酒大さじ1、みりん大さじ1、しょうゆ大さじ1、塩小さじ1/4、青ネギ適量(小口切り)

●作り方
①フライパンにコンニャクを入れ中火にかけ、水分を飛ばすように炒る。②①に豚バラ薄切り肉を加えて炒める。肉の赤みがなくなったらカレー粉を加え、さらに炒め合わせる。③②に酒、みりんを加える。アルコールが飛んだら、しょうゆを加える。④炊飯釜に白米を入れ、かつおだしと塩を加えて軽くまぜ合わせる。そこにシメジ・ニンジン・ショウガと③を汁ごと入れて炊く。炊き上がったら全体をまぜ、器に盛り青ネギを散らす。

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/©カラダネ



この記事が気に入ったらいいね!しよう