1. レシピ
  2. 【胃腸が弱い方に】ビタミンUたっぷりレシピ「キャベツのクリームスープ」

【胃腸が弱い方に】ビタミンUたっぷりレシピ「キャベツのクリームスープ」

解説カラダネ編集部

キャベツに含まれるビタミンUは、キャベツから発見されたことからキャベジンとも呼ばれているそうです。
ビタミンUには胃の粘膜を保護・修復したり、胃酸の過剰分泌をおさえたりする働きがあるとされ、消化性潰瘍の治療にも用いられているようです。

今回は、そんなビタミンUがたっぷりとれるキャベツを使ったクリームスープレシピを紹介します。胃腸が弱い人におすすめです。ぜひ、お試しください。

●材料(2人分)
ザク切りキャベツ100グラム、ベーコン80グラム、ニンジン30グラム、タマネギ 1/4個、牛乳2カップ、オリーブオイル大さじ2、塩・コショウ適量

●作り方

ベーコン、ニンジンは食べやすいサイズに、タマネギはみじん切りにする。
鍋にオリーブオイルを入れて熱し、ベーコン、タマネギ、ニンジンを炒め、火が通ったら牛乳を加えて煮る。塩・コショウで味を調える。
火を止めてからキャベツを加えて混ぜ、葉がしんなりしてきたら出来上がり。

胃腸の弱い方は、ほかにも消化吸収のいい食事が重要です。また、定期的に専門医にも診てもらうようにしてください。

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/©カラダネ

この記事が気に入ったらいいね!しよう