1. レシピ
  2. 【骨粗鬆症の予防に】泳ぐカルシウム「イワシ」たっぷりオムレツレシピ

【骨粗鬆症の予防に】泳ぐカルシウム「イワシ」たっぷりオムレツレシピ

解説カラダネ編集部

イワシにはカルシウムが多く、カルシウムの吸収を助けるビタミンDも豊富です。そのため、骨粗鬆症(骨がもろくなる病気)の予防や、骨や歯の強化によいとされています。カルシウムが不足しがちなお子様や女性には、積極的にとっていただきたい栄養です。
イワシはカルシウムの多さから「泳ぐカルシウム」と呼ばれることもあります。今回のレシピはイワシの缶詰を使用するので、イワシの骨まで食べることができ、さらにカルシウムを摂取できます。

骨粗鬆症を予防したいとお考えの方。というか、中高年以上の人には全員に骨粗鬆症になる可能性があるため、イワシ缶オムレツ」を試してみてください!

●材料(2人分)
Ⓐ(イワシ缶…1缶〈軽くほぐす〉、ピザ用チーズ…30グラム、トマト…1/2個〈1センチ角に切る〉、バジルの葉…6枚〈ちぎっておく〉)、卵…4個、塩・コショウ…各適量、バター…大さじ1、イタリアンパセリ…適量

●作り方
❶ボウルにⒶをまぜ合わせておく。
❷別のボウルに卵2個を溶きほぐし、塩・コショウを振る。
❸小さめのフライパンでバター大さじ1/2を弱火で溶かし、②を流し込む。菜箸などで全体を手早くかきまぜる。半熟状になったら、①の半量をのせて巻き、オムレツの形にまとめる。皿に盛り、イタリアンパセリを添える。同様にもう1つ作る。

もちろん、骨粗鬆症は食事を変えるだけでは予防できません。骨に負荷をかける適度な運動も重要。天気のいい日は、ぜひ一駅くらい歩くイメージで、積極的に体を動かしてください。

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/©カラダネ

この記事が気に入ったらいいね!しよう