1. レシピ
  2. 脳の若さを気にする人に。認知症予防に食べたい【カラフル野菜サラダ】

脳の若さを気にする人に。認知症予防に食べたい【カラフル野菜サラダ】

解説カラダネ編集部

うっかりミスが増えたり、記憶があやふやになったりするのは、年を重ねれば誰もが経験すること。でも、そうした物忘れやそれに伴うミスは、認知症の初期サインの場合もあります。

そうした悩みのある人に食べていただきたいのは、野菜などの色素成分。例えば、
ニンジンのオレンジ色をした成分のβ-カロテン、トマトの赤い成分のリコピン、ナスの紫色の成分であるアントシアニンなど。
これら野菜のカラフルな色素成分は、認知症の重大原因ともいわれる「活性酸素」から体を守ってくれる働きがあると考えられています。つまり、認知機能の維持に役立つ可能性があるのです。

これらの成分は、植物由来の機能性成分でファイトケミカルと呼ばれて、注目されています。みなさんも、ファイトケミカルという名前、ご存知の人もいらっしゃるのではないでしょうか。

ぜひ、いつまでも若々しくいるために、食事には気をつけてください。今回ご紹介する【カラフル野菜サラダ】を食べるなどして、脳の健康維持に努めてみてはいかがでしょうか。

●材料(2人分)
トマト…1/2個(食べやすく切る)、黄パプリカ…1/2個(薄切り)、レタス…2枚(食べやすく切る)、ブロッコリー…1/4株(小房に分けゆでる)、ナス…1/2本(食べやすく切る)、ミックスナッツ…30グラム(粗く刻む)、Ⓐ(ニンジン…1/2本〈すりおろす〉、酢…大さじ2、オリーブ油…大さじ3、ハチミツ…小さじ1、塩・コショウ…各適量)

●作り方
❶ナスは表面にオリーブ油(分量外)を薄く塗り、レンジで1分30秒加熱し、冷ます。
❷ボウルにⒶを合わせ、よくまぜる。
❸器に①とトマト、黄パプリカ、レタス、ブロッコリーを彩りよく飾る。最後にミックスナッツを振ってから、②をかけていただく。

もちろん、サラダだけ食べたら認知症にならないわけではありませんので。適度な運動とバランスのいい食事を忘れずにお願いします。

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/©カラダネ

この記事が気に入ったらいいね!しよう