1. PR
  2. 口コミ侮れず!メディケアダイエットは【究極の肥満外来】だと体験中の編集者が語る、その理由とは...【第2回】

口コミ侮れず!メディケアダイエットは【究極の肥満外来】だと体験中の編集者が語る、その理由とは...【第2回】

解説カラダネ編集部

こんにちは。チョイぽちゃ女性編集者(泣)が挑む「メディケアダイエットレポート第2回」をお届けします!

12月末から始めたメディケアダイエットですが、気がつけば早いもので1カ月が経とうとしています。下の第1回の記事もぜひ読んでいただき、私がダイエットをしなければならなくなった経緯を知ってください!!!

第1回での私の決意を知って、大好きなチョコレートを絶ち、さすがにお菓子ぐらいはやめているのではと思う人もいるかもしれません。しかし、そんなドラマみたいな素敵展開は起こらず、今もバレンタインでどっさりもらったチョコレートを片手に更新しています。すみません。

s_IMG_4817.jpg報告の前に、みなさんが気になっていたと思われるレポートのトップ画像のお写真について。実はこれ、メディケアダイエットを体験して、成功した方々の喜びの声です!「どういった経緯でメディケアダイエットを始めたのか」「メディケアダイエットでどのように痩せていったのか」そうした情報も書かれている、一種の「口コミ」のようになっています。20代、30代、40代、50代の男性・女性問わず、さまざまな年代・性別の方の口コミがあります。

実は、私は体験第1回の訪問のさいに、その口コミが多数貼られてある掲示板に気づき、こっそり覗かせてもらったのです。そこには、目からウロコの口コミ情報ばかりで、本当に驚きました。くわしくは、自分の目で確かめてもらうしかありませんが、この口コミを見て私は、「このメディケアダイエットなら…」と、挑戦する決意が持てたのです。

口コミは本当!?前回のカウンセリングからの効果はいかに!!?

前回の更新から、2回ほどメディケアクリニックに通ったのですが、12月から始めた毎日の体重のグラフ表を見ると…。

s_ph1 .jpgおわかりいただけるでしょうか?上が始めた当時の体重、下が最近の体重なのですが徐々に減っています!!そして体脂肪も…。シンジラレナイ…

s_ph2.jpgこちらもわずかですが、1カ月前に比べると約3%下がっていました!さらに筋肉量も以前とあまり変わっていないので、これはもしかしなくても、効果が出てきた証拠ではないでしょうか!!(正直、次の更新でも体重が変わらなかったらどうしようかとすごく焦ってました)やったー!

これまで、たくさんのダイエット法を体験してきた私ですが、ここまで短期間で健康的に痩せられたのは、はじめてかも!メディケアダイエットは究極の肥満外来だといっても過言ではない気がしてきました…。

というワケで、今日は前回お達しされた課題内容と、今回のカウンセリングの内容についてお話していきます。

食事が基本!おやつは本来必要ないものだった

前回の課題で渡されたのは栄養群が書かれている1枚のシート。

s_ph3.jpg表の上には卵や肉、穀物などおおまかな食品が書かれています。毎回の食事後、食べた栄養素のところに○をつけていきます。これを続けることで、自分がふだんどんなものを頻繁に食べているのか、あるいは少ないのかがわかります。このシートと、前回紹介した食事記録表とを合わせて見ることで、自身の食生活をわかりやすく見直すことができるんです。

そして、これを2週間続けた結果を、管理栄養士の先生にいざ提出!!

チェック中も先生がこれまでとった記録を丁寧に見てくれます。そして、今回2つの表を見せて先生から言われたのはズバリ

‘おやつの食べ過ぎ’

これは私のとある日の間食の記録なのですが…

s_ph5.jpg確かに。ポッキーだけでは飽き足らず、もらった差し入れもその日に全部食べています。そして、この記録1週間に1回ではないのです。よくよく見返すとかなり頻繁にやらかしていました。相当な常習犯ですね。知らず知らずに食べていたお菓子も毎日続けていれば相当なカロリー摂取になってしまいます。

間食は本来、お昼に食べたエネルギーを補てんするために食べるものだそうです。
例えば、保育園におやつの時間があるのは、体が小さくても活発に動く子供たちがお昼を食べた後のエネルギー補給のためにとっているからとのこと。しかし!!大人になってオフィスワークがメインの場合は動くこともほとんどないので、昼食を食べたとしても過度のエネルギー摂取になり、肥満の原因になってしまうのです。

なので、少量のお昼を食べてしまってお腹が空く、口さみしくてついつい食べちゃう、あるいはお昼すぎに何かを食べる習慣が無意識についてしまっている(私の場合はこれ)人は要注意だそうです。当てはまる方もきっと多いのではないでしょうか…

お腹が空いて仕方ないときの救世主は豆乳

「じゃあ、どうしたらいいの!!!」ということで対策を聞いてみると、1番の方法は下手にご飯を減らすより、お腹に溜まる栄養(特に腹持ちがよくお昼におすすめなのはお米)をとって、間食をなくすこと、だそうです。

なるほど。確かに今まで炭水化物を抜いたダイエットをやって、結局お腹が空いて失敗したのもそういうことか…と納得しつつ、もう1つの疑問が。

「ほぼ毎日におやつ食べているのに、急に止めたら反動が恐ろしいことになるのでは…?」

これも先生に打ち明けてみました(どんなことでもものすごく丁寧に対応してくれるので、本当に安心します)。

先生によると、間食したいときにおすすめなのが「豆乳」だそうです。なんでも、砂糖が入っていないうえに、満腹感が得られて栄養価も高いためダイエット中には最適の食品みたいです。飲み物がおやつなんて解せない、そのままの豆乳が苦手という人はカフェで豆乳の入ったドリンク選んでみたり、大豆を使ったおやつを選んでみたりして始めるのもOKみたいです。

s_Fotolia_191428092_Subscription_Monthly_M.jpgと、いうわけでこのカウンセリング後に私が現在気をつけているのは…

  1. しっかり食事の時間が取れるときは、おにぎり1個+サラダチキン1個+スープ(野菜ジュース)でバランスいい食事を心がける
  2. 間食はチョコレートや砂糖が多いものは控えて、豆乳、豆類を使ったものを食べる

あとは、前回通りレコーディングと栄養群チェックをして今に至ります。ほかにも先生から細かいアドバイスを受けてはいるものの大きく意識しているのは、この2つだけ。間食を抑えただけでこんなにも効果が現れるなんて…。おやつタイム恐ろしい…。

とはいいつつ、1週間に2回ぐらいは我慢できずに甘い物は食べてしまうのですが、食べるときは我慢していたぶんありがたみが増して余計に美味しく感じるのと、少量でも満足できるようになってきました。あとはリバウンドしないよう祈るのみ…!このままモチベーション上げて頑張りたいと思います!!やせた~~い!!

成功率93%のメディケアダイエットが気になる方はコチラを覗いてみてください!

気になる第3回は卒業編。
果たして私の体重・体脂肪はどう変わったのか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう