1. ニュース&コラム
  2. 【漢方で妊活⑧】漢方妊活は妊娠期・出産期の安定にも。つわりや授乳トラブル、気分のムラの予防に 〜イノコ ハナエのきれいになる漢方 vol.31〜

【漢方で妊活⑧】漢方妊活は妊娠期・出産期の安定にも。つわりや授乳トラブル、気分のムラの予防に 〜イノコ ハナエのきれいになる漢方 vol.31〜

解説漢方薬剤師・国際中医専門員
イノコ ハナエ

この記事は約3分で読めます。

中国4000年の歴史の中で蓄積された、若さと美しさを追い求める中医学。
この連載では、中医学を用いたとっておきのセルフケアについて、
漢方薬剤師のイノコ ハナエ先生にわかりやすく解説していただきます。

第31回の今回は、「漢方で妊活に取り組むメリット」について。

こんにちは。


あっという間に9月に突入しましたが、
まだまだ暑い日が続いていますね。
これまで、漢方で妊活について第7回に渡って紹介してきました。
漢方での妊活について、少しイメージいただけたでしょうか。
今回は、漢方で妊活をするとどんないいことがあるの?という点について、お話させていただきたいと思います。

中医学、漢方は、「個人の不調を取り除き、自分本来の力を取り戻すお手伝い」をしてくれます。
漢方薬が直接妊娠させるというわけではなく、漢方薬がカラダの不調や傾きにアプローチし、その結果本来の身体の力、妊娠する力を取り戻すイメージです。

例えば、
・月経痛がひどい
・経血に塊がたくさん混じる
・お天気によって頭痛がする
・下痢をしやすい
など、一見妊娠に関係ないようなこれらの不調も、カラダの不調。
症状や詳しい問診によって、身体がどのような状態に傾いてしまっているかを判別し、是正(ぜせい。悪い点を改めて正しくすること)していきます。
そのため、漢方で妊活に取り組んでいただくと決まって体調が整います。不調のない快適な体調となるのです。

そして、ここからがさらに強調したいのですが、妊活においては「妊娠すること」がゴールではありません。
安心した妊娠期を経て、赤ちゃんが元気であるとともに、ママが元気であることが大切なのです。
妊活中にお身体のベース作りをしておくと、妊娠期・出産期を通して財産になります。

妊娠中は、つわり・出血・皮膚トラブル・アレルギーなど、さまざまなトラブルに見舞われることがあります。
漢方薬には、「安胎薬(あんたいやく)」と呼ばれ、赤ちゃんを守り、妊娠を継続させる作用があるものがあります。
妊娠中の漢方薬については、漢方医学の原典である2000年前の書物にすでに記載されています。

授かった赤ちゃんを居心地よく守るための安胎薬は、母体をしっかり支えますので、産後の肥立ちもよくなります。
産後の母乳トラブルや、気分のムラ、体力低下を予防することができます。
生活を、人生を支えるといっても過言ではないかもしれません。

ご自身のお身体をいたわるような気持ちで、妊活に漢方、取り入れてみてはいかがですか。
>> 美容・健康に役立つ情報が満載! <<
シミ / シワ / たるみ / くすみ / ほうれい線 / 老け顔 / ニキビ
ダイエット / おなかヤセ / 美脚 / / 肩こり / 目の悩み
ハンドケア / 便秘 / 頻尿 / 若返りホルモン / 女性ホルモン
生理の悩み / 更年期障害 / 冷え / 疲れ / 睡眠
ミニマリストのセルフケア日和 / きれいになる漢方
はじめてのローフード / 魅せトレ / 美肌菌 / 月経血コントロールヨガ

更新情報はこちら→@カラダネ美容部

記事にあるセルフケア情報は安全性に配慮していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して医師にご相談ください。また、効果効能を保証するものではありません。

写真/© カラダネ © Fotolia

この記事が気に入ったらいいね!しよう