簡単!楽しい! 野菜の酢漬け「酢ベジ」を食べよう!

解説カラダネ編集部

手軽においしくお酢をとりたい方は「酢ベジ」がおすすめです。

基本的には野菜をお酢に漬け込んだ食品ですが、野菜ごとに少しずつ作り方が変わり、ピクルスとはちょっと違います。常備菜にも、ちょっとした調味料にも使える酢ベジを健康生活の中に取り入れてはいかがでしょうか? いずれも作り方はとても簡単です!

酢ショウガ

ショウガに含まれる「ジンゲロール」「ショウガオール」「ジンゲロン」などの成分、酢に含まれる「酢酸」には、いずれも血流の改善に役立つ可能性があります。体温アップにも有効だと、酢ショウガにくわしい医師の石原新菜先生は話します。

酢ショウガの作り方は次の通り。とても簡単でおいしいので、ぜひお試しください。

osu02.jpg

①ショウガをよく洗い、皮をむかずにみじん切りにする。スライスしたあと細切りにしてから行うとやりやすい。みじん切りが手軽にできるチョッパーなどを使うとさらにラク。

②刻んだショウガを耐熱容器に移し少量の水を加えたあとラップをして、電子レンジ(600ワット)で1分30秒加熱する。

③あら熱が取れたら密閉容器に移し、酢を注ぎ入れる。ショウガがすべて酢に浸るようにする。

④ハチミツを加えて全体を軽くかきまぜ、冷蔵庫で1晩漬ければ出来上がり。冷蔵保存で2〜3週間くらいで食べきる。

他にも、さまざまなお酢を使った酢ショウガの提案、活用レシピなどを紹介しています。

酢タマネギ

酢タマネギは、薄くスライスしたタマネギを、少量のはちみつとお酢に漬け込む酢ベジです。タマネギに豊富に含まれるケルセチンが、メタボやアルツハイマーの予防に役立つ可能性があるとされます。

作り方は次のとおりです。

osu-sutama.png

①タマネギを4〜7日、天日にさらす(ケルセチンが増量)

②繊維と垂直に約2mmの厚さにスライス位、30分ほど空気にさらす。このとき、タマネギに塩をひとつまみ振ると、タマネギから余分な水分が出て酢が浸透しやすくなる。

③保存容器に②を入れ、タマネギ全体が浸るまで酢を入れる。このとき、ごく少量の湯で溶いたハチミツを加えると、味がまろやかになる。薄皮も漬けるのがおすすめ!(ケルセチンが増量)

④冷蔵庫で保存。漬けてから2時間ほどで食べられるが、数日漬け込むほうがマイルドな味になる。5日ほどたってほのかな黄金色になったときが食べごろ。

酢トマト

トマトと酢を組み合わせて作る「酢トマト」は、おいしくて栄養価が高いだけでなく、料理へのアレンジが多彩なのがうれしいところ。さまざまなスタイルでいただけるので、食べ飽きることがありません。
また、専門家が認めるさまざまな力があるのです。

ベーシックな「くし切り酢トマト」のレシピは次のとおりです。

osu-sutoma.jpg

①トマトはヘタを取り、1個を8等分のクシ切りにする。

②耐熱容器に酢と水を合わせたものを入れレンジにかける。600ワットで1分40秒。

③保存容器に①を入れ、②を回し入れ、粗熱が取れたら冷蔵庫で保存する。

そのほか、みじん切りやおろしてペースト状にするなど、酢トマトにはさまざまな作り方があります。

酢納豆

テレビや雑誌で話題の「酢納豆」。その名の通り、基本は納豆に酢を入れるだけですが、医師をはじめ専門家にも注目されています。
作り方はごくシンプルです。

osu-sutoma.jpg
●材料
・納豆1パック(50グラム)
・酢小さじ2
・必要ならば、カラシを少々。もしくは、たれと醤油少々

●作り方
材料を全部器に入れて、箸でかき混ぜます。高血圧の人の場合は、たれやしょう油は少しにするか、もしくは入れないでください。高血圧の人の場合、減塩が重要だからです。 酢を入れると途中から納豆ほぐれてまろやかになります。

納豆にたれや醤油だけを入れる場合とは、かき混ぜる感触が全く違います。ふわふわ、トロトロ、なめらかになります。
ちょっとしたアレンジもおすすめです。

その他の酢ベジ

酢モヤシ

sumoyashi2.png

酢モヤシは軽くゆでたモヤシを酢に漬け込むだけの酢ベジ。シャキシャキと歯ごたえ良く、酢の酸味を生かしてさっぱりと仕上げるのがポイントです。

酢戻しシイタケ

sushiitake.png

酢戻しシイタケは、干しシイタケを酢に漬けるだけで作れる酢ベジです。戻した後の酢もぜひご活用を。

コンブ酢

konbusu.png

コンブ酢は、コンブを酢に3時間漬けるだけの酢ベジです。うま味たっぷりの調味料を作って、話題の「フコイダン」をとりましょう。

酢黒豆

sukuromame.png

酢黒豆は黒豆と酢だけのシンプルな酢ベジ。黒豆は黒大豆とも呼ばれる大豆の一種で、黒い革にはアントシアニンとメラノイジンという栄養素が含まれています。

酢ニンジン

suninjin.png

細切りにしたニンジンを、酢やその他の調味料と和えた酢ベジが酢ニンジンです。フランスでは、「キャロット・ラペ」という家庭料理が長く愛されています。

ニンニクタマネギ酢

nintamasu.png

「ニンニクタマネギ酢」は、加熱したタマネギとニンニクを細かく砕き酢とはちみつを加えた酢ベジです。料理のソースや下味に使うとおいしい「たれ酢ベジ」といえるでしょう。

まとめ

簡単に作り置きして、好きなときに食べられる酢ベジは食卓を豊かにしてくれます。
いつもの料理にちょい足ししてもいいですし、少し手を加えてユニークな新作料理にチャレンジするのもGood! 酢ベジをはじめ、お酢活用レシピは以下の記事をチェックしてみてください。

カラダネおすすめお酢活用レシピ16選

ツイッターでもお酢情報発信中→@お酢ラボ

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/©カラダネ

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう