1. ニュース&コラム
  2. スッキリおなかも美脚も股関節スクワットで作ろう。生理痛が改善した人も 〜女性のためのエイジレスヨガ vol.5〜

スッキリおなかも美脚も股関節スクワットで作ろう。生理痛が改善した人も 〜女性のためのエイジレスヨガ vol.5〜

解説女性のためのヨガ協会代表
仁平美香

この記事は約3分で読めます。

毎日少しのケアでエイジレスな女性を目指しましょう。
この連載では、月経血コントロールヨガの講師で
女性の心と体に詳しい仁平美香先生に、
日常生活で簡単に取り入れることができるヨガを教えていただきます。
第5回は、美しいお腹周りやレッグラインを作る"股関節スクワット"を紹介します。

今回は、スッキリおなかや美脚を作る「股関節スクワット」をご紹介します。姿勢が整い、生理痛の緩和も期待できますよ。

大腿四頭筋(だいたいしとうきん。太もも前面にある筋肉)を筆頭に、太ももやひざに余分な力が入っていると、脚やお尻のラインが崩れたり、歩いたり走ったりしたときに疲れやすくなったりしてしまいます。
記事で紹介する股関節スクワットでは、内ももの後ろ側にある半腱様筋(はんけんようきん)などを鍛えることで、太ももの前面やひざに余分な力がかかるのを防ぐ作用が期待できます。

また、股関節スクワットを続けると、股関節を支点に内ももの後ろ側が使えるようになるため、おなかの深部にあって、上半身と下半身をつないでいる大腰筋(だいようきん)が鍛えられ、体幹がしっかりしてきます。その結果、下腹部の臓器の圧迫が緩和され、生理痛やおなかポッコリの悩みが改善する方もいます。

股関節スクワット
s__MG_3224.JPG
①足を平行にして、腰幅に開きます。ひざはゆるめて立ち、股関節に手を当てます。


s__MG_3227-2.JPG
②股関節を後ろに引き込むように、股関節から上半身を45°の角度で前に倒します。このときに、ひざが前に突き出ないように、すねを床に対して垂直に保ったまま行うように心がけてください。股関節を支点に上体を小さく振り子のように前後に10回ほど揺らします。

【NGポーズ例①】
s__MG_3234.JPG
ひざで屈伸するのはNGです。ひざは前に出さずに、お尻を突き出しながら股関節から上半身を倒しましょう。


【NGポーズ例②】
s__MG_3228.JPG
ひざが内側に入るのはNGです。ひざが内側に入りがちな人は、体重を外くるぶし側にかけるように意識するとまっすぐに立ちやすくなります。

股関節スクワットは、いつでもどこでもできます。例えば、トイレの個室から出る前に行うのを習慣にしたりすると、1日に何回か身体を整える機会ができますよ。ぜひ毎日実践してみてください。



バックナンバー


>> 1分で老化防止に役立つ情報が満載!スローエイジング1min講座 <<
シミ / シワ / たるみ / くすみ / ほうれい線 / 老け顔 / ニキビ
ダイエット / おなかヤセ / 美脚 / / 肩こり / 目の悩み
ハンドケア / 便秘 / 頻尿 / 若返りホルモン / 女性ホルモン
生理の悩み / 更年期障害 / 冷え / 疲れ / 睡眠
ミニマリストのセルフケア日和 / きれいになる漢方
はじめてのローフード / 魅せトレ / 美肌菌

更新情報はこちら→@カラダネ美容部


記事にあるセルフケア情報は安全性に配慮していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して医師にご相談ください。また、効果効能を保証するものではありません。

写真/© カラダネ © Fotolia

この記事が気に入ったらいいね!しよう