1. ニュース&コラム
  2. お酢でメタボが防げるかも。内臓脂肪に加え、なんと皮下脂肪も減らせる!?

お酢でメタボが防げるかも。内臓脂肪に加え、なんと皮下脂肪も減らせる!?

解説昭和大学元客員教授
中山貞男

お酢がダイエットに役立つかもしれません。お酢の研究を長年続けてこられた中山貞男先生に話をお聞きしました。

見た目だけでは、内臓肥満かどうかわからない

一般に「メタボリックシンドローム(代謝症候群)」といえば、多くの人が「肥満」を思い浮かべると思います。でも、本当に問題なのは内臓のまわりに内臓脂肪がたまってしまう「内臓肥満」です。
内臓肥満は、見た目にはわからないことも多く注意が必要です。この内臓肥満は、さまざまな病気を引き起こす要因とされています。

日本内科学会などの8つの学会が公表した、「日本におけるメタボリックシンドロームの診断基準」によると、ウエストサイズ(ヘソまわりのサイズ)が、男性で85cm以上、女性では90cm以上ならば、内臓脂肪の蓄積を注意すべき目安として、これを診断の項目としています。

内臓脂肪を減らすことは、メタボの危険をさけるためにも最も重要な対策の一つなのです。

酢を12週間とったら内臓脂肪が減った

お酢をとると、内臓脂肪の減少を期待できると近年の試験でわかりました。  
食品メーカーが行った試験では、肥満ぎみの155人の被験者を対象に、食酢を継続摂取してもらい、CTスキャンを行って、腹部脂肪の断面積を測定しました。  

結果は、食酢を一日当たり15ml、もしくは30ml、12週間継続してとったグループはいずれも内臓脂肪が明らかに減少していたのです。  
s_お酢と内臓脂肪.jpg
また、体重やウエストサイズを減らす作用や皮下脂肪(皮膚の下につく脂肪)の減少にも有意な改善が見られ、酢には肥満に対する総合的な効果を期待できることがわかりました。

s_内臓脂肪の写真.jpg内臓脂肪の減少には、毎日の食事の改善、適度な有酸素運動などが欠かせませんが、併せて酢をとればさらなる改善が期待できるのではないでしょうか。
ぜひ、酢を生活に取り入れて、一刻も早い内臓脂肪の減少をめざしましょう。

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/©カラダネ

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう