1. ニュース&コラム
  2. ダイエットに役立つ【しょうがオリーブオイル】の作り方。おなかからヤセてくびれ復活!

ダイエットに役立つ【しょうがオリーブオイル】の作り方。おなかからヤセてくびれ復活!

解説イシハラクリニック副院長
石原新菜

今話題の手作りダイエットオイル、それがここで紹介する「しょうがオリーブオイル」です。
ダイエットのストレスを感じることなく、脂肪を燃焼するパワーが高まると大きな注目を集めています。考案した医師の石原新菜先生に解説していただきました。

しょうがオリーブオイルの作り方
s_しょうがオリーブオイルの作り方.jpg

①皮つきのショウガを水でよく洗い、キッチンペーパーなどで水けをふきとる。包丁またはフードプロセッサーでみじん切りにする。

②鍋にエクストラヴァージンオリーブオイルを入れ、中火で加熱する。

③鍋のふちに細かい泡が立ったら、みじん切りにしたショウガを入れる。このとき、油はねに注意すること。

④さいばしで1分間かきまぜながら加熱する。お好みで黒コショウを入れる。

⑤冷ましてから清潔なガラスびんなどに移して冷蔵庫で保存する。

ショウガを加熱するのがポイント

ショウガに特有の辛みは、ジンゲロールという成分によるもの。

ジンゲロールを加熱するとショウガオールという成分に変化し、ショウガオールは血流を促し、体内で熱を作り出す働きがあります。そのため、ショウガを継続してとると代謝がアップし、脂肪が燃えやすい体になるのです。

ジンゲロールを加熱することで、ジンゲロンという成分も生成されます。ジンゲロンも辛みがあり、体にたまった脂肪を燃やす働きが期待できます。

つまり、ショウガを加熱すれば、ショウガオールからジンゲロールとジンゲロンが生成され、そのダブルの働きで脂肪を燃えて、おなかのぜい肉を減らす効果が期待できるというわけです。

オリーブオイルが吸収力を高める

s__K2A9178.jpg
ジンゲロールとジンゲロンの2つの成分の吸収力を高めてくれるのが、オリーブオイルです。
そこで、オリーブオイルにショウガを加えた新しい調味料が、ここで紹介する「しょうがオリーブオイル」です。

しょうがオリーブオイルは、いつもの食事にちょい足し(小さじ2杯程度)するだけの調味料ですので、簡単に利用できます。スープなどに加えれば、味のアクセントにもなります。
冷蔵庫に保存すれば1週間ほど日持ちするので、好みに合わせていつもの料理にちょい足ししてみてください。

腸内環境を整える

ショウガの効能もさることながら、オリーブオイルの健康パワーも特筆すべきものがあります。

オリーブオイルのさまざまな健康パワーの中でも最近特に注目されているのは、便秘の予防・改善に役立つということ。
オリーブオイルの主成分のオレイン酸は、腸で吸収されにくいという性質があります。吸収されなかった油分は腸を刺激したり、便のすべりをよくしたりしてくれます。その結果、排便を促進してくれるのです。

また、オリーブオイルで加熱すると、レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)が増加することが、最近の研究でわかりました。

レジスタントスターチは糖質の一種ですが、食物繊維と同じような働きをします。消化されにくいレジスタントスターチは、腸内で善玉菌のエサとなります。一方で悪玉菌は減って、腸内環境がよくなって便秘の改善にも役立つのです。
レジスタントスターチは脂質の吸収を抑える働きもあるので、ダイエットにもつながります。

油をとると幸せな気持ちに…

s_スクリーンショット 2019-03-29 11.46.28.png
また、オリーブオイルに代表される油(脂質)は、脳内の快感中枢を刺激する作用があります。
人間の舌は、油をおいしく感じるという性質があります。舌で油を感知すると、快楽ホルモンともいわれるβーエンドルフィンやドーパミンが、脳からされたという動物実験も報告されています。

つまり、油は脳の快感中枢を刺激し、おいしいと感じるだけではなく、摂取することがやめられなくなるという作用を持っていると考えられます。

もちろん、油を含む脂質をとりすぎると中性脂肪に変換され、体脂肪として蓄えられるし、肥満のほか、脂肪肝、血液中の中性脂肪やコレステロールが増える脂質異常症などを引き起こすこともあります。

その一方で、油を含む脂質は人間が生きていくうえで、欠かせない存在です。エネルギー源として使われるほか、細胞膜や血液、各種ホルモンなどの材料となり、ビタミンA・D・E・Kなど、脂溶性ビタミンの吸収を高める働きがあります。

脂質が不足すると、疲労が蓄積されるほか、体力低下や肌荒れ、免疫力(病原体から体を守る力)の低下、月経異常などのトラブルが起こりやすくなります。そのため、脂質は適度に摂取する必要があるのです。

しょうがオリーブオイルは、料理にちょい足しして使うだけですので、脂質を過剰摂取することにはつながりません。

いかに続くかどうか、それが最も大切

ダイエットを成功させるには急激な減量ではなく、長期的な視野で考え、継続させることが重要です。急いで減量すると必要な栄養素がとれずに、健康面にも悪影響を与えます。

その点、しょうがオリーブオイルを使ったダイエットは、いつも食べている料理にちょい足しするだけなので、長く続けられ、ストレスもたまりません。しかも、味にアクセントがつき、おいしく食べられるのもメリットです。

しょうがオリーブオイルを続けた結果、おなかのぜい肉がとれて、くびれができたという報告も多く届いています。ダイエットの一助として、みなさんもぜひ試してみてはいかがでしょうか。

記事にあるセルフケアは安全性に配慮していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して医師にご相談ください。また、効果効能を保証するものではありません。

写真/©カラダネ

関連記事

『しょうがオリーブオイルで超健康になる!やせる!若返る!』(わかさ夢ムック94)
全国の書店やインターネット(アマゾン楽天)でも絶賛発売中!
s_9784866981000.jpgしょうがオリーブオイルを使ったレシピもたっぷり。食べた人の体験談も豊富です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう