1. ニュース&コラム
  2. おなかが冷えると見た目が老ける。腹巻きで若返って妊娠した人も!

おなかが冷えると見た目が老ける。腹巻きで若返って妊娠した人も!

解説イシハラクリニック副院長
石原新菜

スローエイジングに目覚めたあなたへ。
今回は約1分で読める「腹巻きで老化ストップ」のお話です。
s_haramaki ins1.png

s_haramaki ins2.png

s_名称未設定.png

s_haramaki ins4.png
下着で思い浮かべるのはブラジャーとショーツ。でも私は、それらのかわいい下着より「腹巻き」を欠かさず着けて欲しいと思っています。その理由は、

おなかが冷えると老けが早まる


おなかの中には、胃腸や肝臓、膵臓、腎臓、卵巣、子宮、膀胱など多くの臓器が密集し、連携しながら食べ物を消化吸収し、健康を維持しています。女性の健康と見た目の若々しさを担う女性ホルモンは、卵巣から分泌されます。
これらの臓器が正常に働くには血液がたっぷり必要なため、おなかにはたくさんの血管がはり巡らされています。おなかが冷えると、血流が悪くなり臓器の働きも鈍くなり、さらに女性ホルモンの分泌も滞り、健康を損なって見た目も老ける可能性が高まるのです。

そこで、必要なのが腹巻きです。血流の多いおなかを腹巻きで温めると、血液は約1分で全身を巡るとされ、結果的に全身が温まります。腹巻き1枚で体温が1度Cは上がる人も多く、体温が上がれば基礎代謝もよくなってやせやすくなります。腎臓も温まって水分の排泄がよくなり、むくみも改善します。
実際に腹巻きの着用を患者さんにすすめると、不眠や便秘、膀胱炎がよくなったり、不妊だった人が妊娠したり、見た目年齢が圧倒的に若々しくなったりする人がいます。
私は、腹巻きを「女性の美と健康のお守り」だと思っています。

最後に、腹巻きの素材で最もおすすめなのは天然素材のシルク(絹)です。保温や吸湿、放湿性能に優れており、肌触りも抜群です。もちろん、綿やウール、化学繊維のものが悪いわけではないので、体に合うものをお使いください。


>> 1分で老化防止に役立つ情報が満載!スローエイジング1min講座はこちら <<
シミ / シワ / たるみ / くすみ / ほうれい線 / 老け顔 / ニキビ
ダイエット / おなかヤセ / 美脚 / / 肩こり / 目の悩み
ハンドケア / 便秘 / 頻尿 / 若返りホルモン / 女性ホルモン
生理の悩み / 更年期障害 / 冷え / 疲れ / 睡眠
ミニマリストのセルフケア日和 / きれいになる漢方

カラダネは大人の女性に「スローエイジング」を提案します。
スローエイジングは、若見えのテクニックや、無理な若返りを試みることではありません。
カラダの中から整えて、老化のスピードを遅らせることが目的です。

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/© Fotolia ©カラダネ

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう