1. ニュース&コラム
  2. 手指や手首が痛い【腱鞘炎・手根管症候群】はテープ整体で治せる人も。原因は「腕のしこり」?

手指や手首が痛い【腱鞘炎・手根管症候群】はテープ整体で治せる人も。原因は「腕のしこり」?

解説清水整形外科医院院長
清水泰雄

手指・手首のやっかいなしびれ・激痛・運動障害を引き起こす原因として特に多いのが「腱鞘炎(けんしょうえん)」と「手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)」です。
みなさんの中にも、しびれや痛みのせいで「つかむ」「にぎる」「つまむ」などの動作ができず、日常生活で大変な不便を強いられている人が多いのではないでしょうか。

この記事では、手にしびれや激痛が走る腱鞘炎と手根管症候群について専門医の清水先生に解説していただきました。

もちろん、腱鞘炎も手根管症候群も放置は厳禁です。
必ず専門医の治療を受けてください。

腱鞘炎・手根管症候群とは?症状は?

腱鞘炎は、指を動かす腱(骨と筋肉をつなぐひも状の組織)を包んでいる腱鞘が炎症を起こす病気です。腱鞘は、腱が骨からはずれないよう固定したり、腱がスムーズに動くための滑液(かつえき)を分泌したりしています。
ところが、なんらかの原因で滑液の分泌が滞ると、腱と腱鞘の間で摩擦が強まり、痛みを伴う炎症が生じて指を動かしにくくなってしまいます。

進行すると、腱鞘が狭窄を起こし、指を伸ばすときに「パキッ」という引っかかりを感じる「バネ指」が起こることもあります。特に親指や手首の親指側に同様の現象が起こるものを、「ドケルバン病」といいます。

一方の手根管症候群は、手首にある手根管で炎症が発生し、親指から薬指にかけてしびれ・痛みが現れる病気です。
手根管とは手首にあるトンネル状の狭い空間で、そこには9本の腱と正中神経が通っています。手根管症候群は、炎症によって腱がれて正中神経が圧迫されることで、手指や手首にしびれ・痛みなどの神経症状が生じる病態です。

痛みやしびれは夜間や早朝に強まるのが特徴で、進行すると手のひらの親指側の筋肉がやせて、洋服のボタンかけができなくなったり、親指と小指を使って物をつかめなくなったりします。

腱鞘炎と手根管症候群は女性に多いのが特徴

腱鞘炎と手根管症候群は、いずれも指や手首の筋肉が少ない女性に圧倒的に多く、仕事(同じ動作の反復、低温下での作業、振動を伴う作業)や家事(裁縫・炊事など)で手を酷使する人に多く見られます。最近は、パソコンや携帯電話の操作が原因で発病する若者も増えています。

また、更年期後や妊娠・出産期の女性は、患者数がほかの年代より圧倒的に多いため、女性ホルモン不足も発症の重大原因と考えられています。

女性ホルモン不足の対策は、大豆イソフラボンをとるのが手軽で安全な方法です。イソフラボンとは、マメ科の植物に多く含まれるフラボノイド(植物の色素成分)の一種で、化学構造が女性ホルモンのエストロゲンとよく似ています。イソフラボンが豊富な豆乳や豆腐・納豆、また、市販されている大豆の加工食品などを利用すれば、女性ホルモン不足の対策に役立つのではないかと考えられています。

腱鞘炎や手根管症候群の病院での治療は?

腱鞘炎や手根管症候群の治療は、一般に装具などを用いて手の安静を保つとともに、消炎鎮痛薬やビタミン剤が用いられます。重症例では、ステロイド薬の注射のほか、腱鞘や腱を切り開く手術を行うこともあります。

これで治ればいいのですが、実際にはさまざまな治療を駆使してもよくならない人がたくさんいます。そんな患者さんをていて気づくのは、指や手首から遠く離れた前腕部に、圧痛を伴うしこり(トリガーポイントという)が見つかることです。

腱鞘炎や手根管症候群の人は腕にしこりがある?

しこりが見つかるのは以下の場所です。

イラスタ.jpg

腱鞘炎や手根管症候群に悩んでいる人は、試しにご自身の前腕部を、他方の手の親指の腹で探ってみてください。親指で押すと強い痛みが走るしこりのようなものが、複数見つかる人もいるのではないでしょうか。これがトリガーポイントです。腱鞘炎や手根管症候群と診断されていても、実際にはこのトリガーポイントが手指や手首の不快症状の原因になっている場合が大変多いのです。

その証拠に、前腕部のトリガーポイントに少量の麻酔薬を注射してしこりを取り去ってあげると、長年悩んでいた手のしびれや痛みがすっかり消えてしまう患者さんがおおぜいいます。

しかし、患者さんの中には、痛みを伴うトリガーポイント注射に抵抗を示す人が少なくありません。当院では、そのような人に「テープ整体」をすすめて大きな成果をあげています。

テープ整体とは、カイロプラクティック(米国発祥の手技療法)の専門家である加瀬建造氏が考案した「キネシオテーピング」を私なりに応用したテーピング法です。具体的には、伸縮性のある薄い粘着テープ(「キネシオテープ」として薬局やスポーツ用品店で市販されている)を手や腕に貼っておくだけでトリガーポイントが速やかに除かれ、腱鞘炎や手根管症候群の症状が不思議と消えていく人が多いのです。

「テープ整体」のくわしいやり方については、別の記事でご紹介しています。腱鞘炎と手根管症候群にお悩みの方は、ぜひご覧ください。

記事にあるセルフケア情報は安全性に配慮していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して医師にご相談ください。また、効果効能を保証するものではありません。

写真/© カラダネ © Fotolia

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう