1. ニュース&コラム
  2. 酢トマトはカゼやインフルエンザ、シワ、たるみ予防に役立つビタミンCが豊富

酢トマトはカゼやインフルエンザ、シワ、たるみ予防に役立つビタミンCが豊富

解説実践女子大学名誉教授
田島眞

今人気の酢ベジ「酢トマト」には、ビタミンCも豊富。
酢トマトは、トマトを酢につけるだけと簡単。作り方は下の関連記事をご覧ください。
同じビタミンCをとるなら、酢トマトを食べることがおすすめです。

実践女子大学名誉教授の田島先生にお話を聞きました。

口の中の粘膜を強化しインフルエンザウイルスの侵入を防げる可能性が

今の時期は、寒さで免疫力 (病原体から体を守る力)が低下すると、不調を招きやすくなってしまいます。
トマトに含まれるビタミンCは、免疫力の強化にも役立ちます。ビタミンCには、免疫細胞を活性化させて、体内に侵入してきたウイルスや細菌を排除する作用があります。

また 同時に、コラーゲンの合成を促して粘膜を強化するとされ、鼻やのどからウイルスや細菌が侵入するのを防ぐ作用もあります。つまり、ビタミンCをとれば、免疫力と粘膜の強化でカゼやインフルエンザを防げる可能性があるのです。

また、ビタミンCはストレスを感じると分泌(ぶんぴつ)されるホルモン(アドレナリン・ノルアドレナリン)の合成にかかわっており、ストレスを緩和させる働きがあるとされます。
免疫細胞の働きは、自律神経(意志とは無関係に血管や内臓の働きを支配する神経)でコントロールされているため、ストレスでそのバランスがくずれると免疫機能が正常に働かなくなる恐れがあります。

酢トマトに含まれるビタミンCには、非常に有用な働きが期待できるのです。

酢トマトを、美肌の維持や骨の老化予防にも

さらに、ビタミンCには美肌作用も期待できます。ビタミンCは、優れた抗酸化力で強い紫外線によって発生した活性酸素(攻撃力の強い酸素)の害を防ぐとされます。
ビタミンCは、コラーゲンの劣化を防ぐ一方で、コラーゲンの合成を促す働きで肌の張りや弾力を保ちます。つまり、ビタミンCは、肌老化のシワやタルミの予防・改善に役立つのです。

また、ビタミンCにはメラニン色素を作り出すチロシンの生成を抑える働きがあるので、日焼け対策になるのはもちろん、シミの予防・改善や美白にも力を発揮します。
さらに、ビタミンCのコラーゲン生成は、骨老化を防ぐ働きもあります。骨の大部分(骨基質)はコラーゲンで構成されているため、ビタミンCの補給は骨の衰えを防いでくれます。

酢トマトのビタミンCは酢に溶け出ているので、漬け汁ごととるのがいいでしょう。 ビタミンCは体内で合成できないため、酢トマトなどで補うことをおすすめします。

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真カラダネ © Fotolia

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう