1. ニュース&コラム
  2. 【ツボ刺激でダイエット】おなかがやせた人も!女性ホルモン不足の人におすすめ

【ツボ刺激でダイエット】おなかがやせた人も!女性ホルモン不足の人におすすめ

解説鍼灸東洋院院長
竹之内啓子

50代を過ぎると、女性は急に、おなか太りが目立つようになってきます。その原因の一つと考えられるのが、女性ホルモン(エストロゲン)の急減です。

そうした女性ホルモンの急減によって起こる症状や対策法などを鍼灸東洋院院長の竹之内啓子先生に話をお聞きしました。

ちなみに、更年期で体に不調がある人は、婦人科などで必ず診てもらうことが重要です。そのことは忘れないでください。

女性のおなか太りは閉経後に多発

女性ホルモンには、動脈硬化を防ぐといわれる善玉(LDL)コレステロールを増やして、悪玉(LDL)コレステロールを減らしたり、おなかの内臓脂肪の分解を促したりする働きのあることがわかっています。そのため、女性は男性に比べて、おなか太りが起こりにくいのです。

しかし、閉経(生理が止まること)が近づく40代ごろから、女性ホルモンの分泌量は減りはじめます。そして、閉経を迎えると分泌量が急激に減るため、女性でも内臓脂肪がたまりやすくなると考えられるのです。

女性ホルモンの急減によってとしては、そのほかにも、のぼせ・ほてり・頭痛などがあげられます。これらの不快症状は更年期障害と呼ばれ、やはり50代以降の女性に多く見られます。

こうした、おなか太りを解消したり、更年期障害を軽減したりするには、食事内容を見直したり、適度な運動を継続して行ったりすることが大切です。

女性ホルモンの働きを高める特効ツボ

それに加えて、女性ホルモンの働きを高めるとされるツボ刺激がおすすめです。ツボの中でも、とりわけ作用が期待できるのは、「腎穴(じんけつ)」と「三陰交(さんいんこう)」です。

s_ツボ.jpg

腎穴や三陰交のツボ刺激を毎日行ったところ、閉経を迎えたころに始まったおなかの太りがへこみ出し、ダイエットに成功した、更年期障害が軽減した、という人は少なくないようです。もちろん全員に改善があるとは限りませんが、一度、試してみてはいかがでしょうか。

記事にあるセルフケアは安全性に配慮していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して医師にご相談ください。また、効果効能を保証するものではありません。

写真/© Fotolia ©カラダネ

この記事が気に入ったらいいね!しよう