1. ニュース&コラム
  2. 【香りでダイエット】グレープフルーツの香りをかぐだけで脂肪燃焼!医師が肥満治療に活用

【香りでダイエット】グレープフルーツの香りをかぐだけで脂肪燃焼!医師が肥満治療に活用

解説吉井クリニック院長
吉井友季子

グレープフルーツは、さわやかな香りと酸味たっぷりの果汁が魅力の私たちになじみの深い果物です。

そんなグレープフルーツには、ダイエットに役立つ成分が豊富に含まれています。グレープフルーツを食べれば、脂肪の燃焼が促されるとともに、食欲も抑えられることが、米国の研究などによって明らかになっているのです。

そんなダイエットに良いとされているグレープフルーツの成分や働きについて吉井クリニック院長の吉井友季子先生に話をお聞きました。

香りをかぐだけでやせる⁉︎

グレープフルーツを食べれば、脂肪の燃焼が促されるとともに、食欲も抑えられることが、米国の研究などによって明らかになっています。

ところが、近年になって、グレープフルーツの脂肪燃焼作用と食欲を抑える働きは、主にグレープフルーツの香り成分によるものだということが、新たな研究で解明されてきました。つまり、グレープフルーツの香りをかぐだけで、ダイエット作用が期待できることになります。

そのことを裏づけるために、私は、4人の被験者の協力を得て、次のような試験を行いました。まず、4人を2人ずつの2つのグループに分けて、一方のグループにはグレープフルーツの皮を利用して香りをかいでもらい、もう一方のグループにはグレープフルーツの精油(植物から搾り取った香りのいい発揮性の油)を利用して、1日3回、香りをかいでもらいました。

その結果、なんと4人全員の体重・腹囲・大腿部の太さ・体脂肪率など計測した数値のほとんどが減少していたのです。そのデータは以下の通りです。

.午後ごpng.png

香りでやせるのはグレープフルーツだけ

では、グレープフルーツの香りは、どのようにダイエットに役立つのでしょうか。

グレープフルーツの香りのもととなる成分は、「ヌートカトン」と「リモネン」の二つです。ヌートカトンは、グレープフルーツ特有の香りのもととなる成分です。ヌートカトンには、交感神経(意志とは無関係に血管や内臓の働きを支配する自律神経のうち、体を活発に働かせる神経)を強く働かせる作用があります。交感神経が活発に働くと、私たちの体内に、ノルアドレナリンというホルモンの分泌が促されます。

すると、ノルアドレナリンの働きによって、UCP(脱共役たんぱく質)という物質がさかんに作り出されます。このUCPが、脂肪をどんどん燃やして熱エネルギーに変えてくれるのです。また、ヌートカトンには食欲を抑制する作用もあるため、食事の前に香りをかげば、食べすぎを防ぐことにも役立ちます。

もう一つの香り成分であるリモネンは、グレープフルーツやオレンジなどの皮に含まれる成分。副交感神経(安静時に優位に働く神経)を刺激して、リラックス作用や末梢血管の血行を促す働きがあります。

リモネンは、オレンジやユズなどにも含まれています。しかし、ヌートカトンを含むのはグレープフルーツだけです。そのため、柑橘類の中でも香りをかぐだけでダイエット作用が期待できるのは、グレープフルーツだけといえます。

起床時と食前に香りをかぐ

グレープフルーツの香りを使ったダイエットのやり方は、グレープフルーツの皮や精油を使って、起床時、朝・昼・夕の食事の前に、2〜3分香りをかぐだけです。

グレープフルーツの香りダイエットのやり方

①皮を使う場合
むいた皮を適当な大きさにちぎり、手で折るようにして押さえ、鼻先に近づけて香りをかぐ。むいた皮をビニール袋などに入れて、鼻に近づけて香りをかいでもいい。

②精油を使う場合
精油のボトルのふたを開け、直接香りをかぐか、ティッシュペーパーに2〜3滴しみ込ませて香りをかぐ。s_精油.jpg

なお、皮を利用したさいに残ったグレープフルーツの果実は、なるべく食べるようにしましょう。グレープフルーツには、ビタミンC・B群、リモノイド(苦み成分)、クエン酸(酸味成分)など、実に16種もの有用成分が含まれています。香りが主役のダイエットとはいえ、こうした成分も大いに利用したいものです。

記事にあるセルフケアは安全性に配慮していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して医師にご相談ください。また、効果効能を保証するものではありません。

写真/© Fotolia ©カラダネ

この記事が気に入ったらいいね!しよう